【月刊 きょうの料理】土井善晴の春巻き風&ローチョコレート&スマイルクッキーのレシピ

手作りチョコ

2017年2月4日放送のNHK「月間きょうの料理」
テーマは「春待ち気分」

バレンタインも近いということで
ローチョコレート、スマイルクッキー
土井善晴さんの春巻き風レシピを紹介!

スポンサードリンク

ローチョコレート

【ローチョコレートのレシピ】

ローチョコレートのレシピ

ローチョコレートは低温焙煎もしくは
焙煎していないカカオ豆から作られた
カカオパウダーを使えば
自分で作ることができます

パティシエの片山みか野さんのレシピ

『材料』(つくりやすい分量)
カカオパウダー→ 75g
カカオバター→ 125g
メイプルシロップ(お好みの甘味料)→ 70g
バニラエクストラクト(なくても良い)→ 少々
岩塩→ 1つまみ

ナッツやドライフルーツなどお好みのトッピング

『つくり方』
1.カカオバターを約70℃のお湯で湯煎する。

※カカオバターの温度が
45℃以上にならないよう注意。
(熱に弱い栄養素を失わないため)

2.カカオバターが完全に溶けたら
湯煎からおろし、カカオパウダーを加えて
粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜる。

3.香り付けのバニラエクストラクトを
加えてまぜる。

4.メイプルシロップを加えて混ぜる。

5.甘みを引き立たせるため、
岩塩を加えて混ぜる。

6.バットにオーブンシートをしき、
チョコレートを表面が平らになるように
均一に流しいれる。

7.ナッツやドライフルーツなど
お好みのトッピングをのせ、
冷蔵庫で1時間程度冷やし固める。

8.オーブンシートからチョコレートをはがし、
手で食べやすいサイズに割る。

土井善晴の5分で技あり飯

【春待ちの「春巻」風のレシピ】

『材料』(1人分)
春巻の皮→ 1枚

バナナ→ 小1本

チョコレート→ 5~10g

水溶き小麦粉→ 適量(だいたい粉1:水1の割合)

サラダ油→ 大さじ1

『作り方』
1.バナナの両端を切り落とし 
縦ふたつに切る。

チョコレートは角砂糖くらいの大きさを
2つか3つに切る。

スポンサードリンク

2.春巻の皮の上にバナナとチョコレートを
適当に並べる。

3.春巻の皮に水溶き小麦粉をぬり、
三角に折ってはじ(まわり)をくっつける。

4.フライパンにサラダ油を入れて温め、
③をフライ返しで軽く押さえながら
こんがり両面を焼けばできあがり!




スマイルクッキー

【スマイルクッキーのレシピ】

なかしま しほさんのレシピ

スマイルクッキーのレシピ

『材料』(5cm丸型12枚分)

(A)
ピーナツバター→ 70g
メープルシロップ→ 60g
ごま油(白)→ 25g


薄力粉→ 100g
板チョコレート 50g

(準備)
オーブンは160℃に予熱する。
チョコレートは包丁で細かく刻む。

『つくり方』
1.ボウルに(A)を入れ、
泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜる。

2.薄力粉をふるい入れ、
へらで粉気がなくなるまでさっくり混ぜる。

※混ぜ過ぎると出来上がりの生地が
硬くなってしまいます。

3.ラップを敷いた上に生地を取り出し、
めん棒で5mm厚さに伸ばして丸型
(なければコップなどでも)
丸くぬき、竹串やスプーンで顔を描く。

かわいい顔だけだでなく困ってる顔
怒っている顔なども作るとおもしろい

余った生地はもう1度まとめますが、
なるべくきれいな面を上にして
下に重ねるようにして伸ばしまるくぬく

4.天板に並べ、160℃のオーブンで約20分間、
よい焼き色がつくまで焼き、
取り出して冷ます。

※天板においたまま粗熱をとることで
さっくりとした食感に。

5.湯煎にかけたチョコレートを
クッキーに一部分つけて髪の毛にし、
オーブン用の紙の上に並べ、
乾くまで涼しい場所に置けばできあがり。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ