【世界一受けたい授業】風邪予防にミルフィーユ鍋のレシピ!パクチー入り塩レモン鍋も

白菜と豚肉の豆乳ミルフィーユ鍋

2017年2月4日放送の「世界一受けたい授業」で
「ひと工夫で栄養アップ!カラダに嬉しい新・鍋料理2017」

今こそ食べたい健康お鍋!ミルフィーユ鍋に
(秘)食材プラスで風邪予防効果がUP!

気になる症状別のおすすめお鍋を紹介!

スポンサードリンク

ひと工夫で栄養アップ!カラダに嬉しい鍋

周防大島では「みかん鍋」が食べられていて、
皮ごと食べるのがポイント。

みかんの皮の内側の白い部分や筋に、
ヘスペリジンという成分が多く含まれていて、
血流をよくする効果が期待できるので
冷え性改善に役立ちます。
(低農薬のものを使います)

そのような事を教えてくれるのは
日本獣医生命科学大学の佐藤秀美先生。




なにげなく食べている鍋ですが、入れる食材によって
美容、健康効果をさらにアップさせることができます。

免疫機能を高めたい人は「ヨーグルト入り担々麺」が効果的。

ヨーグルトには免疫機能を高める乳酸菌が、
豊富に含まれているので、
免疫力をアップする効果が期待できるのです。

豆板醤の辛さをヨーグルトがまろやかにし、
濃厚なコクと風味が味わえます。

【ヨーグルト入り担々鍋のレシピ】』※2人分

『材料』
ごま油→小さじ1

生姜(チューブ)→大さじ1/2

ニンニク(チューブ)→大さじ1/2

豆板醤→大さじ1/2

鶏がらスープの素→小さじ1

水→500cc

練りゴマ→大さじ2

しょう油→大さじ1

ヨーグルト→100g

豚ひき肉→150g

(具材)
豚バラ肉→100g

木綿豆腐→1丁

しめじ→1パック

チンゲン菜→2束

もやし→2袋

『作り方』
1.ごま油でひき肉を炒めたら、
ニンニク、生姜、豆板醤を加えて炒める

2.鶏がらスープを加え、
煮立ったら練りゴマ、しょう油、ヨーグルトを加える

3.適当に切った具材を入れて、火が通ったらできあがり!



【カマンベールチーズ入りミルフィーユ鍋】

『風邪予防におすすめ!』

白菜はイソチオシアネートやフラボノイドなど
免疫細胞を活性化させ、風邪予防に効果的。

白菜、豚肉、ベーコンを交互に重ねて切り、
鍋に詰め、鶏がらスープで煮込みます。

ここにある食材を加えると
風邪予防効果が期待できます。

それはカマンベールチーズ。

カマンベールチーズは免疫活性を
高める効果が期待できるペプチド、
乳酸菌が豊富でさらに風の予防効果が期待できます。

真ん中にスペースを作って
食べやすく切ったカマンベールチーズを
加えます。

お好みで黒コショウをかけていただきます。

※正確な分量は表示されませんでした

シメはご飯を入れてチーズリゾット
にするといいそうです。


スポンサードリンク



【春菊と鶏肉の鍋】

『免疫力アップしたい人におすすめ!』

『材料』(2人分)

酒→200cc
昆布だし→200cc

ショウガ薄切り1片※お好みで

春菊→2~3束
鶏肉→200~300g

ポン酢(つけダレ) 

『作り方』
1.鍋に昆布だし、
酒を入れて火にかける

2.沸騰したら鶏肉を入れ、
火が通ったら春菊を加えればできあがり。



春菊には免疫力を高める
βカロテンや食物繊維が豊富です。

鶏肉にも免疫細胞の原料となる
たんぱく質が多く含まれていて、
さらに粘膜を強化するビタミンAが豊富。

なので相乗効果で
風邪予防の効果が期待できます。



【パクチー入り塩レモン鍋】

『肌の老化が気になる人におススメ!』

パクチー入り塩レモン鍋

『材料』 (2人分)

(だし汁)
鶏がらスープの素→大さじ2
水→600cc
塩→小さじ1

(具材)
鶏もも肉→1枚
鶏だんご→10個
長ネギ→1/2本
もやし→1/2袋
ニラ→1束
キャベツ→1個
国産レモン→1個
パクチー→適量

『作り方』
1.鍋にだし汁を入れ沸騰したら、
鶏肉、鶏だんごを入れて火を通す。

2.適当に切った野菜を入れ火が通ったら、
薄い輪切りにしたレモンを浮かべ、
ひと煮立ちさせる。

3.最後に、パクチーを乗せたら完成
(※レモンは、苦みが出るので食べない。)

レモンのさっぱりとした風味と香りが特徴。

レモンは煮すぎると苦みが出るのでよけて食べます。

そんな塩レモン鍋にとはパクチーを追加すると
肌の老化を遅らせる効果が期待できます。

パクチーは強い抗酸化作用を持つビタミンCと
ベータカロテンが豊富に含まれているので、
肌の老化を遅らせる効果が期待できます。



まとめ

落合務シェフの鍋レシピ↓
【世界一受けたい授業】落合務シェフのアボカドとトマトのオリーブオイル鍋レシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ