【スッキリ】内臓冷えを改善する簡単エクササイズ&ストレッチ法

開脚ストレッチ、体操

2017年2月6日放送の「スッキリ!!」で
「内臓冷え」がとりあげられました。

あまり自覚症状のない内蔵冷えの原因や
それを改善する
簡単なエクササイズやストレッチを紹介!

スポンサードリンク

内臓の冷え症とは?

今回、内臓の冷え症について
解説してくださったのは、冷え症の専門家で
帯山中央病院理事長の渡辺賀子先生。

きれい&元気になる冷え症解消法

日本人女性のおよそ7割が
冷えを自覚していて
残り3割の女性も、
私は冷え症じゃないと
思っている人でも、
内臓が冷えている可能性が多いそうです。

一般的に冷え症というと、
手足に冷えを感じるものですが、
これとは別のタイプなのが内臓冷えです。

胃腸や肝臓、腎臓といった内臓のある体の
中心部の温度が下がっている状態。

一般的に内臓の温度は、約37℃ぐらいで。
体温計で測ると、36.5℃~37℃くらいの
ことが多いです。
 
けれども内臓が冷えて37℃未満の場合は、
体温が35℃台と低いのです。

ただ、内臓は温度に関する感覚が乏しいため、
ほとんど自覚症状がないのです。
そのため「隠れ冷え症」と呼ばれることも。

内臓冷えは自覚症状がないために、
放置してしまいがち。



内臓冷えの症状

放置すると胃腸の機能や免疫力が低下し、
症状としては
・疲れやすい
・風邪をひきやすい
・便秘になりやすい
など様々な症状の原因になります。



内臓冷えの原因

 
内臓冷えになってしまう原因とは
自律神経機能が低下が原因です。

それにより体温調節機能が落ち、
内臓冷えが起きるのです。

自律神経は手や足の末梢血管の
収縮と拡張を担っていて、
体温調節を行っています。
 
しかし、ストレスなどが原因で
自律神経の働きが乱れてしまうと、
末梢血管が開きっぱなしに。

そのため手足が温かいまま、
熱を外に出してしまう。

その結果、身体の内部の熱が外に逃げて、
中心部(内臓)の温度が下がってしまうのです。
 
 

内臓冷え度をチェック!

【内臓冷えチェック項目】
運動不足
汗をかきやすい
便秘になりやすい
疲れやすい
風邪をひきやす
 
3つ以上当てはまる方は、
内臓冷えの可能性があります。

スポンサードリンク

運動不足→筋肉による熱を生み出す力の低下
汗をかきやすい→熱を放出し続けている可能性
便秘になりやすい→内臓の働きが鈍くなっている可能性
疲れやすい→新陳代謝の低下
風邪をひきやすい→新陳代謝の低下+免疫力の低下
 

内臓冷えの改善方法

【食事】
「大豆・卵」→朝食にタンパク質を含む食材をとる
「ネギ・山椒」→体を温める薬味や香辛料をとる

朝が一番体温が低いので、
朝ごはんでたんぱく質をとって
体温をあげるのが大事。

【運動】
最も大事なのが適度な運動。

内臓を温める簡単エクササイズを
ティップネス東新宿インストラクター
湯浅香織さんに教えていただきます。



【ラクラク体幹エクササイズのやり方】

大きな筋肉を動かすことで、
少ない回数や短い時間
も全身がポカポカと温かくなります。
 

 
1.足を肩幅の1.5倍に開く

2.つま先とひざはななめ45°にする

3.3秒かけてひざを曲げる

4.腰をひねって両手を太ももへのせ5秒キープ

5.上半身を倒して体を太ももに近づけ5秒キープ

6.逆方向にもひねって同様に5秒キープ
 
1日2~3セットを行います。
 


もっと楽したい!という人にオススメなのが、
お腹ぽかぽかストレッチ。
 
【お腹ぽかぽかストレッチのやり方】
 
1.ひざを立てて座り、後ろに手をつく

2.右足と左足を組む

3.両足をそろえて倒し10秒キープ

4.反対側に倒して10秒キープ

5.足を組み替えて再度ひねる
 
上半身を正面に向け、
お腹周りをしっかり伸ばすのがポイント。。

1日2~3セット目安に行います。

こちらはテレビを見ながらでもできます。
 
エクササイズと一緒に組み合わせても約5分。

短い時間で体幹を鍛えて、
内臓温度をアップさせましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ