【ヒルナンデス】デパ地下おすすめバレンタインチョコ!ニコラ・クロワゾーほか

バレンタインのチョコ

2017年2月8日放送の「ヒルナンデス」は
「プロの使用品覗いちゃうンデス!」

バレンタイン間近!
有名パティシエが選ぶデパ地下で、
義理チョコ価格で買えるチョコレートを紹介!

スポンサードリンク

タブレット レ キャラメル カンカン

「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」
ペストリーショップ『ドーレ』の
武藤修司シェフは海外で腕を磨き、
数々のコンテストで輝かしい成績をあげた
トップレベルのパティシエです。

そんな武藤シェフがおすすめのチョコ。

「ジャン=ポール・エヴァン」
タブレット レ キャラメル カンカン(897円)

伊勢丹新宿店にある「ジャン=ポール・エヴァン」
フランスパリで創業し、2002年に日本初出店した、
高級チョコレートブームの火付け役として注目される
ショコラ専門店です。

毎年のテーマがチョコレートの裏側に描かれていて
今年のテーマはフレンチタッチ。

上質なカカオを使用したバターとキャラメルの香る
ミルクチョコレートに、ノワムティエールの塩
(塩気以外にほのかな苦味や甘みが特徴の)を使用。

義理チョコにはもったいない本格的な味わい。



「タブレット レ キャラメル カンカン」
ではないですが
ジャン=ポール・エヴァンさんのチョコ↓

ジャン=ポール・エヴァンについてはこちらもどうぞ↓
【めざましテレビ】チョコレシピ!ジャン=ポール・エヴァンの「ショコラ・ショ」


スポンサードリンク

レザベイユ・ショコラ

目黒区自由が丘
「モンサンクレール」の
辻口博啓シェフは世界大会に日本代表として
5度も出場。優勝を含め多くの賞を受賞した
有名パティシエ。

そんな辻口シェフがおすすめのチョコ

横浜タカシマヤ『レザベイユ』
レザベイユ・ショコラ(3粒入) (1512円)

パリに本店をおくハチミツ専門店が
横浜タカシマヤなどに上陸。

レザベイユのはちみつは高品質なはちみつ。

レザベイユ・ショコラは貴重なハチミツを使った
日本のバレンタインの時期だけに作られる
オリジナルショコラです。

これは6個入りです↓



トリュフプレーン

世田谷区深沢
「ル パティシエ タカギ」の
高木康政シェフは世界的も有名なパティシエ。

日本人パティシエで唯一カカオ豆の選別のみならず、
調合・焙煎方法まで全てをプロデュース。

そんな辻口シェフがおすすめのチョコレート。

松屋銀座『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』
トリュフプレーン(2粒) (982円)

フランス初のチョコレート専門店。

ブランドの味をまかされるのは、
ニコラ・クロワゾー氏。

日本の人間国宝に相当する逸材で
彼の作品はまさにアート。

チョコの風味を損なわないため、
仕込みから保存まで20℃以下を保つ徹底した
品質管理の元作られているので口どけが滑らか。

ヨーロッパ中のチョコを食べてきたという高木さんが
一番おいしいというチョコレート。

自分が作ったものよりおいしいといいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ