【林修の今でしょ】パステル和みアート講座!誰でもできる

パステル和みアート

2017年2月7日放送の「林修の今でしょ!講座」の
「2017最新発見が続々!3時間SP」

今話題のカルチャースクールを体験!
パステル和みアート講座。

スポンサードリンク

パステル和みアート講座

今は水彩画や鉛筆画といった
絵画教室が大人気なのだそうです。

パステル和みアート講座。

教えてくれるのは
これまで1000人以上指導した
カリスマ講師の
畑昌子先生。

♪————————-♪
パステル和みアート講座

体験コース
2時間3000円
♪————————-♪

パステル和みアート講座は女性を中心に
子供やお年寄りまで幅広く人気。

講座は、先生の手元を見せながら進めていくため、
失敗なく作品を仕上げることができる。

使う画材は、パステルというチョークに似た画材。

パステルをカッター削り、
粉状にして指につけ、
紙に絵を描く。

スポンサードリンク

パステルなど材料費はあまりかからないため、
手軽に始めることができます。

必要なもの
パステル・カッターナイフ・セロハンテープ
消しゴム

色によって指を変えながら描いていく。
指の湿り気などでも個性
がでるそうです。

くるくるとまわしながら描きます。

消しゴムで消すこともできるため、
失敗がなく何度でもやり直せます。

アートを応用すれば、
絵ハガキや年賀状などに応用可能で
実用性も高い。

基本編はお花で
ほとんど指で描いていました。

パステル和みアート

応用編は花瓶のお花で
スモールアップ。

色を重ねて花瓶にしたり、
お花はめん棒で描いたりしていました。

絵心がないといっていた林先生も
きれいにかけていました。




まとめ

パステル和みアート、
すごく優しい感じの絵になりますね。

私も習ってみたくなりました。


料理の講座はこちらです↓
【林修の今でしょ】料理の基本講座の習い事!失敗しないだし巻き玉子のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ