【その原因Xにあり】やせやすいウォーキングのやり方!4・4ウォークの仕方

ウォーキング

2017年2月10日放送の「その原因、Xにあり!」は
「間違いだらけの健康対策法SP!」

やせやすい歩き方「4・4ウォーク」を紹介!

スポンサードリンク

やせやすいウォーキングとは?

ウォーキングで痩せにくい原因、
単調な歩き方にもあり!

やせようと思って行うのに、
お手軽なウォーキング。

しかし、ウォーキングをする時に
同じペースで歩いていると、
実はとても、もったいないことに!

ウォーキング研究の第一人者、
松本大学大学院健康科学研究科 教授の
根本賢一先生によると、
たくさんカロリーを消費し、体重を落としたければ、
ペースを速めたり緩めたりする歩き方が
オススメとのこと。

アメリカ オハイオ州立大学の研究によれば、
緩急をつけながら歩くと同じペースで歩く場合に比べて、
最大20%消費カロリーが増えたというのです。。

スポンサードリンク

根本先生によると、ペースを変えることで
足の筋肉に特に負荷がかかり、
カロリーが多く消費されると考えられるとのこと。

では、どんなウォーキングをすればよいのか?

痩せるウォーキングのやり方

【根本先生が教える 痩せるウォーキングのやり方】

早歩きを4歩、ゆっくり歩きを4歩。
これを繰り返しながら歩く
「4・4ウォーク」という歩き方。

※生活の中でどこかに行くときなどにも「4・4ウォーク」
を行うだけでも消費カロリーをアップさせることができます。



【検証結果】
4・4ウォークをすると、
本当に消費カロリーは高くなるのか?
3名の一般被験者で検証。

呼気ガス分析装置を使用し、
運動中にどれだけ酸素を吸いこんだのかという
酸素摂取量を基に消費カロリーを算出。

まずは普段歩いているペースで5分間のウォーキング。

休憩を入れた後、今度は4・4ウォークで緩急をつけながら、
同じく5分間ウォーキング。

結果は、3人とも4・4ウォークで歩いた時の方が
消費カロリーが約20%高くなるという結果に!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ