【その原因Xにあり】末端冷え性はため息で改善!血流がよくなる

冷え症

2017年2月10日放送の「その原因、Xにあり!」は
「間違いだらけの健康対策法SP!」

末端冷え性のはため息をすると
血流がよくなり改善されます。

スポンサードリンク

末端冷え性の原因は手の温め方?

暖かい室内なのに、手の指先が冷えてツライ。

これが「末端冷え性」です。

指先を温めるために、カイロや
ヒーターで温めたりします。

しかし、これらの対策だけでは
不十分なのです。

冷え性改善のスペシャリスト・末武信宏先生によると、
ヒーターなどで手を温めることは、
一時的に手の体温を上げることはできるが、
冷え性の根本的解決にはならないといいます。

スポンサードリンク

末端冷え性にとって、
一番の大敵は血行の悪化。

血行の悪化が原因なので、どれだけ
外から温めても根本的な改善には
ならないのです。


末端冷え性を改善する対策法はため息

末端冷え性を改善する対策法が「ため息」。

さかえクリニック院長 末武信宏先生によると、
ため息のように
息を長く吐き出すと体がリラックスし、
自律神経が血行をよくするように働き、
指先の血流の流れが良くなり
冷え性の改善が期待できるといいます。

【検証結果】

ため息だけで本当に指先の血流が
変化するのか実際に測定。

指先の血の流れを可視化することができる
血流計を使用。

末端冷え性に悩む50代の一般被験者で、検証。

「はぁ~」とため息をついてから6秒後、
血の流れが活発に!

ため息をついた直後は一時的に
血流が停滞してしまうが、
そのあと一気に活性化。

検証の結果、10回の「ため息」
全てに反応がありました。
※結果には個人差があります。

なぜ、ため息をつくと指先の血流が変化する?

なぜ、ため息をつくと指先の血流が変化するのか
ポイントは「自律神経」。

自律神経とは、無意識に身体の様々な器官を
コントロールしている神経。

交感神経が優位になると血管が収縮し、
血行が悪くなり冷え性になります。

逆にため息をつくと身体がリラックスして
副交感神経が優位になると
血管がゆるみ、血流の流れ巡りがよくなり
冷え性が改善できます。



感想

ため息ならすぐできますからね。
これで末端冷え性が改善できるならありがたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ