【その原因Xにあり】紅茶で骨粗しょう症予防に!「テアフラビン」が破骨細胞を減らす

紅茶

2017年2月10日放送の「その原因、Xにあり!」は
「間違いだらけの健康対策法SP!」

紅茶を飲んで骨粗しょう症予防に!

スポンサードリンク

骨粗しょう症はカルシウムだけでは足りない

年齢と共に気になり始めるのが
骨粗しょう症。

骨粗しょう症とは年齢と共に
骨がスカスカになってしまう病気。

50代以上の女性の3人に1人が
骨粗しょう症患者といわれ、
中には40代からそう診断されるケースもあるそうです

骨粗しょう症というと、
思い浮かべるのが「カルシウム摂取」。

しかし、骨粗しょう症の対策に
カルシウムだけを摂っていれば良いというのは
間違いだといいます。

慶応義塾大学整形外科学 宮本健史(たけし)先生。

実はカルシウムだけでは骨の破壊と修復の
バランスを保つことができないとのこと。

骨は古くなった部分を破壊する“破骨細胞”と、
それを修復する“骨芽細胞”の
2つのバランスが保たれることで
丈夫な骨に作り替えられています。

この修復するときに使われるのがカルシウム。

ですが20代前半をピークに徐々に破骨細胞が増え、
破壊のスピードに修復が追いつかなくなってしまうのです。

そのため年を重ねるほど、骨の破壊を抑制することが
とても重要になってきます。



紅茶で骨粗しょう症予防

近年、そんな“破骨細胞”を抑制してくれる
飲み物が発見されたという!

その飲み物とは紅茶。

スポンサードリンク

2015年に大阪大学が発表した研究によると
、紅茶に含まれる「テアフラビン」という成分が、
骨を破壊する“破骨細胞”を減らす効果が
あることが新たにわかったといいます。

紅茶の赤い色のもとになる成分が「テアフラビン」で
茶葉を発酵させるときに出来るものです。

最新研究によると、破骨細胞の抑制に効果のある
テアフラビンが最も多いのは現在わかっている中では
「アッサムティー」。

テアフラビンパワーを発揮するには
紅茶を飲むタイミングも大事!

テアフラビンを効果的に摂取するには、
紅茶を飲むタイミングも大切だといいます。

骨をつくる骨芽細胞も破骨細胞も、
活性化するのは寝ている時。

紅茶を飲むなら夕食後がオススメ。
ただ、紅茶にはカフェインが多く含まれているので、
飲み過ぎには注意です。

感想

骨粗しょう症に紅茶とは意外でした。
紅茶はあまり飲まないのですが、たまには飲むようにしたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ