【サタデープラス】血流アップに足指ダッシュ体操!肩まで10分風呂&焼きみかん

みかん

2017年2月11日放送の「サタデープラス」ことサタプラの
「ダクタープラス」は冬の血流アップ!
超簡単な3大ステップ健康法

あなたを悩ます冬の病気の原因は、血流にアリ!?
血流をアップさせる超簡単な健康法。

足指ダッシュ体操!肩まで10分風呂&焼きみかん

スポンサードリンク

血管の隅々まで血流を行き渡らせ不調を撃退!

血流をアップさせるカギをにぎっているのは
毛細血管。

血流をアップさせるカギは毛細血管

冬は血流悪化のシーズン。

寒くなると血管が縮んでいき、
血の巡りが悪くなり、血液が体の隅々まで届きません。

すると体の隅々まで酸素や栄養素が運搬されず、
シミ、しわ、むくみの原因に。

さらに悪化すれば心筋梗塞や脳梗塞につながる可能性も!

でも逆に血管の血流をアップすれば、
酸素や栄養素が体の隅々まで行き届き体が健やかに。

高倉伸幸先生が解説。

実は人間1人の血管の長さは10万㎞もあり、
その血管が巡り新陳代謝を行っています。
それを血流といいいます。

血液の流れに沿って
酸素や栄養素、老廃物を運び、
異物の排除や体温調節も行っています。

つまり血流が悪化すると、
栄養も運ばれず冷えも生まれ、
様々な不調の原因に!

実は体の血管の99%は毛細血管。

毛細血管が少しずつ血液を外に
もらすことで身体の隅々まで
酸素と栄養を運んでいます。

しかし毛細血管がおとろえると、
必要以上に血液をもらしすぎてしまい、
心臓から遠い末端にいくべき
血液が不足してしまうのです。

血行不良になると、
毛細血管がバラバラになり
消滅してしまうことも。

毛細血管の消滅を改善させるのは血流。

血流が改善すると、
毛細血管がよみがえることも可能に!



爪圧迫テスト

5秒で血流チェック!

1.人差し指の爪を片方の手の指で挟み、
つまんで5秒間圧迫する。

2.指を離して爪の状態をチェックし、
赤みが2秒以内に戻るかを確認。

赤みが戻るのが遅ければ
末梢の循環が悪い可能性があります。


スポンサードリンク



血流アップ法①毛細血管を作る

血管の隅々まで血流を行き渡らせ不調を撃退!

「10秒で血流アップの足指ダッシュ体操!」

【10秒で血流アップの足指ダッシュ体操のやり方】

「指先ピーン体操」を教えてくれた、
富永喜代先生が教えてくれました。

1.イスに深く腰掛ける

2・転倒防止のため、肘掛けなどをしっかりと持つ

3.かかとを上げ、つま先立ちになる

4.太ももを大きく上げるように意識し、その場でダッシュ!

5.ダッシュする時間は10秒

※できる限り速いスピードで行います

身体の筋肉の7割は下半身にあります。

太くて大きな下半身の筋肉を刺激することで、
効果的に血流をアップ
することができます。

この体操を毎日続けると
ふくらはぎのポンプ機能が向上し、
血流が効果的にアップ。

1日1回でo.k
靴下の状態で行うと効果的。

また、足先を上げ下げするだけでも
血流アップに効果期待できます



血流アップ法②毛細血管を拡張させる

血管を広げ、ますます血流アップ!
「血管までよみがえる肩まで10分風呂!」

現在、心臓病の治療としても注目を浴びている
“和温療法”という方法があります。

遠赤外線サウナで15分間全身を温め、
30分安静にして血管機能を改善、血液循環を促す療法。

それと同じような効果を普段のお風呂でも
得ることができます。

その入浴法が「肩まで浸かって10分間入浴法」です。

自分が気持ちいいと感じる温度(40~41度)で
肩まで浸かって10分間入浴。

心臓に負担をかけずに全身の血流をアップするのが狙いで
肌を芯から温めてリラックス。

すると動脈の細胞から一酸化窒素が分泌され、
血管をやわらかく拡張させてくれます。

ただ、適温ではなく高温で入り続けると
血流悪化&血圧上昇の危険もあるので注意!



血流アップ法③毛細血管を強くする

毛細血管まで強化する!?「焼きみかんで血流アップ!?」

血流アップにはみかんは
筋と皮を捨てずに食べること。

みかんの皮にはヘスペリジンという成分が含まれ、
毛細血管を拡張して血流をアップ。

末梢まで温かい血液を運ぶ作用があります。

みかんの筋や皮に多く含まれるヘスペリジンは
ポリフェノールの一種。

この成分が血流をアップさせ、
毛細血管を強くする効果も期待できます。

外皮には果実の9倍、
筋には40倍も含まれています。

【おいしいみかんの見分け方】
おしりのくぼみを見ます。

おいしいみかんは実が詰まっているため
あまりくぼみがなくピンと張っているのです。

【みかんを皮ごと食べやすくする
焼きミカンの作り方】

よく洗ったみかんをコンロやトースターで
弱火で軽く焦げ目がつくまで加熱し
そのまま食べるだけ。

ちなみにヘスペリジンは熱に弱く、
焼くと減ってしまいますが、
焼くことでみかんの甘みが増し、
皮がやわらかくなり、
食べやすくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ