【ジョブチューン】認知症予防にカマンベールチーズ!指折り運動も

老夫婦、病気

2017年2月11日放送の「ジョブチューン」で
「名医たちがぶっちゃけ!病気を予防する最強の食べ物SP!」。

認知症予防にカマンベールチーズ!
指折り運動も紹介!

認知症とは?

脳に障害が起き記憶力や思考力が低下し
日常生活に支障をきたす認知症。

患者数は現在520万人。近年では40・50代で
発症する若年性認知症の患者も増加の一途を
辿っています。

2025年には65歳以上の5人に1人が
発症するといわれています。

にんちしょう予防に効果的な食べ物とは
赤ワイン、青魚、カレーなどが知られています。

最新の研究によって明らかになった、
認知症予防に効果的な食べ物を
認知症専門医・榎本睦郎先生に教えてもらいます。

認知症患者数の割合は70~74歳が約4%、
75~79歳が約14%、80~84歳が約22%、
85~89歳が約41%と年齢と共にリスクが広がっています。

認知症の主な原因は、年をとると脳にできる
アミロイドベータというシミのようなもの。

特に記憶を司る海馬にシミができると
記憶力が低下し、認知症に。


スポンサードリンク



認知症を予防する食材

しかし最新の研究で分かった食材があります。

認知症予防に効果的な食べ物はカマンベールチーズ。

オレイン酸アミドとデヒドロエルゴステロールを含み、
これらの成分がシミを抑えてくれます。

2015年に東京大学が発表したもので、
2つの成分を特定し、
認知症への予防効果を示したのは世界初。

さきほどの2つの成分は白カビによって
発酵する工程で生まれる成分。

なので、白カビが発酵させているカマンベールチーズが
認知症の予防に効果的。

カマンベールチーズは1日1~2切れ食べるといい。

より効果的なのはカマンベールチーズに
プラス赤ワインを2~3杯程度飲むこと。

ワイン以外にも、ビールもおススメ。

ビールに苦み成分にも
認知症予防効果があることがわかりました。。

苦み成分はホップ由来のものなので、
第三のビールでもOK。

1日缶1本が目安です。
飲み過ぎには注意。



認知症予防に!簡単指折り運動

【簡単指折り運動のやり方】

1.両手を前に出して右手の親指だけを折る。
これがスタートです。

2.1から10まで数えながら、右手は人差し指、
左手は親指から順番に折る。

3.左右の指が一緒の形になってはいけない。

10までいくとスタート時と同様に
右手の親指だけが折れています。

1日3回行うだけでも効果があります。

脳に少し負荷がかかるぐらいの刺激を与え
活性化することが大事。

♪————————-♪
認知症予防
カマンベールチーズ日1~2切れ
赤ワインやビールを一緒にとるとより効果的。
かんたん指折り運動1日3回
♪————————-♪


まとめ

この日のジョブチューン↓

【ジョブチューン】糖尿病予防にトマトジュース!リコピンの吸収をよくするレシピ

【ジョブチューン】花粉症予防にレンコン!レシピや鼻に塗る方法

【ジョブチューン】高血圧予防にチョコレート!血圧を下げるマッサージ法も

【ジョブチューン】便秘解消予防に干し柿!ガス抜きマッサージのやり方!

【ジョブチューン】心臓病予防にサバの水煮缶!アレンジレシピも

【ジョブチューン】認知症予防にカマンベールチーズ!指折り運動も

【ジョブチューン】免疫力アップに小松菜!スムージー・浅漬けレシピも

【ジョブチューン】ガン予防にみかん!陳皮の作り方も簡単にできる

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ