【林先生の初耳学 】ダイエット効果のある焼きりんごのレシピ!美肌には焼きトマト

りんご
2017年2月12日放送の「林先生が驚く初耳学」。

焼くとダイエット効果が上がる焼きリンゴのレシピなどを紹介!

スポンサードリンク

りんごダイエット

1980年代、バブル真っただ中に大流行したりんごダイエット。

一日2回の食事とりんごを置き換えるだけという
手軽さから大ブームを巻き起こしました。

そんなりんごダイエットが進化。
近年さらに効果的な方法が見つかったのです。

リンゴを焼くとダイエット効果のあるペクチンが9倍になるのです。

ペクチンは肥満の原因悪玉コレステロールの排出を促進したり、
整腸作用を高めて便秘解消にも効果があります。

つまり、そのまま食べてもダイエットに効果的なのですが、
さらに焼くことでペクチンの量が6~9倍に増えます。

実はリンゴの皮にはペクチンになる前の
プロトペクチンが含まれています。

そこに100℃以上の熱を加えるとプロトペクチンは
ペクチンに変化。

そのため焼くことでペクチンが最大9倍になるのです。

ダイエットに効果的な焼きリンゴの作り方を紹介。

【焼きリンゴのレシピ】

1.普通のりんごを食べやすい大きさに切り、
種を取り除く。

2.皮はむかずに耐熱容器に入れ、ラップをして
電子レンジやオーブンで100℃以上でで5分加熱するだけ。

ペクチンが増加するのは皮の周りなので
皮ごと食べるのがおススメ。


スポンサードリンク

ちなみに川口春奈さんが、
りんごのどの部分が一番甘いか出題。

林先生は真ん中の皮に近い部分と答え、正解。

蜜の部分は水分なだけで甘くないとのこと。
品種によって違いは出てきますが、
一般的に日当たりが良かった部分が
より甘くなるという検査結果がでているそうです。

また、ニュートンが万有引力の法則を発見したという
貴重な木がなぜ文京区の小石川植物園にあるそうです。

1964年万有引力発見300年の年に
イギリスから苗木を譲り受けたものなのだそうです。


バナナも加熱するとダイエット効果アップ

ほかにもバナナも加熱すると
ダイエット効果があがります。

バナナを加熱するとオリゴ糖が増加します。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり
腸内環境を整え、腸の働きを活性化させます。

体内の老廃物や宿便、コレステロールなどを
積極的に排出するのでダイエット効果があがるのです。



トマトは加熱すると美肌効果

トマトは加熱すると美肌効果があがります。

トポイントはマトの赤い色素成分リコピン。

リコピンは肌のシミの原因となるメラニンの生成を抑制し、
さらに老化の原因となる活性酸素を破壊し、
体外に排出するので、美肌効果が期待できます。

それを加熱することにより、吸収されるリコピンは3倍に。

その時オリーブオイルなどの油と一緒に食べるのがおススメ。

リコピンの体内での吸収率がアップし、
より美肌効果が期待できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ