【マツコ会議】CA養成スクールに潜入!クレーマーを熱演

格安旅行、飛行機、空

2017年2月11日放送の「マツコ会議」は
「CA養成スクール潜入!人気職業の狭き試験
夢を追いかける女性」

、名門CA養成スクールに潜入

今週のマツコ会議は、名門CA養成スクールに潜入。
今回の担当はディレクターの千葉さん。

お邪魔したのは、福岡市天神にある
インターナショナルエアアカデミー。

航空業界への就職率が99%。
これまでに1000人以上のCAを輩出していて
全国から生徒が集まる人気校。

教室に入ってみると、さっそく
「ウイスキー!ウイスキー!ウイスキー!」の声が。

先生「目が笑ってない!」となかなかのスパルタぶり。

千葉「これは何の授業なんですか?」

先生「ウイスキースマイルといって
面接で第一印象をゲットするための授業です。」

フレーズが「ウイスキー」なのは、
口角がギュっと上にあがるため。

先生「マツコさん、うちの制服をぜひ着ていただきたいんですが。
サイズも合わせます。スカーフもかわいらしく。

マツコさんスカーフはこのデザインと
このデザインとどちらがよろしいですか?」

マツコ「わたし、どっちも好きじゃないです。
先生が現役だったころはもっとおしゃれだったでしょ」

先生「そうです。」

マツコ「先生は何年やられていたんですか?

先生「1973年~19800年の8年間。青い翼です。」

マツコ「じゃあ三宅一生さんがデザインしてた頃か。
あの頃はおしゃれだったのよ。JALは森英恵さんで。

先生のころはすごい選ばれた人がやってたのよ。」

一時期はANAもJALも正社員を取っていなかったようですが、
現在は、2020年のオリンピックに向けて
正社員雇用を開始しているそうです。

CA予備軍に話を聞く

生徒に話を聞くと生徒の1人は憧れるのは、エミレーツ。

生徒の最高齢は25歳。
JA職員から、CAを目指しています。
家庭の経済的な事情で学校にいけず、
就職してお金を貯めて
今に至ってるそうです。
彼女の希望はバニラエア。

スポンサードリンク

ディレクター千葉の好みタイプの生徒に
話を聞きます。

希望は全日空の国内線を扱う会社のANAウイングス。

マツコ「あの制服かわいいわよね。グレーの」
生徒「青のスカーフ。」

マツコ「スカーフは、ダメ」

マツコさん、首巻スカーフが
あまり好きではないようです。

生徒「でも、スカーフは大事な役割があるので。
もしもの時のために、お客様の怪我の処置だったり、
そういうときのためにスカーフを首に巻いています」。

マツコ「緊急時の三角巾の役割ね。
止血したりとか。でも首に巻くことはないわよ」

CAのお給料事情

先生が現役だった頃の給料はすごく
28歳くらいで家が建ったとのこと。

今のCAの給料は、年収にして500万程度。

先生「でも、航空会社は今とても元気なので、
全国の夢を持った若者にはブレーキをかけずに
絶対に絶対チャレンジしてもらいたい!」

リサーチャー今井さんによると
就職人気ランキング
1位:全日空(ANA)
2位:JAL
なのだそうです。

モックアップ授業

続いてモックアップ授業

モックアップとは機内をイメージした実践授業。

今日はクレーム対応をやりますと先生。

マツコ「クレームいう方やりたかったわ。」

クレーマーの生徒A「新聞あります?」
クレーマーを受ける生徒B「こちらの2種類があります。」

A「西スポないの?」
B「スポーツ新聞はちょっと準備しておりません。」

A「えっ!西日本スポーツ新聞よ?ないの?」
B「そうですね。本日はこの2つになります。」

A「いやいや、私ホークス大好きなんだけど、
ホークス分かるわよね?野球よ。」
B「はい分かります。私もファンです。」

A「今日の試合大事な試合がのってる新聞ないの?」
B「そうですね大事な試合でしたら
こちらの新聞にも多分コーナーがあると思うので…。」

A「優勝が決まる大切な試合なのに!」
B「優勝がかかってる試合だったらのってると思います。」

A「と思います?」
B「のってます!」

A「あっのってるわ。」

そして、先生がアドバイス。
お客の後側から話さず、
必ず前から話すようにとのこと。

マツコさんが「うまかったわよ」というと
クレーム対応した生徒が「ありがとうございます。」

マツコ「違うわよ!あんたじゃないわよ。
クレームの方がうまかった。熱演だったわよ。」

ではせっかくなので
もうひと方やってもらうことに。

違う2人がやるのかと思いきや
クレーマーはさっきと同じ生徒。

オレンジジュースとリンゴジュースしかないのに、
ブドウジュースを要求していたのでした。

マツコ「クレームがうまい人は、
クレーム対応もうまいってことだから、ちゃんとできる」

クレーマーの生徒「精一杯頑張ります。」

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ