【あさイチ】時短カレー術!20分で煮込みカレー&火を使わない時短カレーのレシピ

鯖の味噌煮缶カレー

2017年2月14日放送のNHK「あさイチ」の「スゴ技Q」は
楽勝!時短カレー

短時間で作れるカレーの技を紹介。


20分で煮込みカレー&
火を使わない時短カレーの作り方を紹介!

スポンサードリンク

料理研究家の山脇りこさん

料理研究家の山脇りこさん。

山脇さんは、だしや調味料の底力を引き出し
数多くの激うまレシピを開発。

いわばだしの天才演出家。

20分で煮込みカレーを作る方法を
教えていただきます。

ハヤウマ煮込みカレー!

【山脇流甘酒カレーのレシピ】

『材料』(4人分)
豚こま切れ肉→300g

たまねぎ→1/2個

にんじん→1本

じゃがいも→2個

甘酒→300ml

みそ→大さじ2

カレー粉→大さじ3

昆布水→200ml

『作り方』
1.にんじん、じゃがいもは1.5センチ角に
切り水につけておく。
※やや小さめに切ると仕上がりが早くなる

2.たまねぎも1.5センチ角に切り、
豚肉はひと口大に切る。

3.鍋に昆布水と甘酒、にんじん、じゃがいも、
たまねぎを入れて中火にかける。

※すでにうまみが入っている昆布水
(水に昆布をひと晩ひたしたもの)を
使えば、長時間煮込まなくても大丈夫。

※甘酒には、こうじと発酵の力でうまみ、
甘み、コクがもともと含まれています。

スポンサードリンク

そのうえ、トロトロした甘酒にはとろみも十分。
少し煮るだけで、長時間煮込んだカレーみたいになります。

4.一度沸騰したら野菜に火がとおるまで煮る。

5.肉を入れ中火にして、みそを溶かし入れる。

6.肉に火がとおったらカレー粉を入れ、全体を混ぜる。
汁につやが出たらできあがり!

※実際に味覚センサーで検査すると、
煮込み3時間のカレーに対し、うまみはほぼ同等、
あまみ、コクは上回っていたのでした。



火を使わない時短カレーの作り方

【マンゴーローカレーのレシピ】

『材料』(2~3人分)
トマト→2個

りんご→4分の1個

プルーン→5粒

マンゴー→1個

カレー粉→大さじ1

ケチャップ→小さじ1

塩→小さじ1

プレーンヨーグルト→100g
※ギリシャなど水分すくなめのもの、
なければ水切りします

『作り方』
1.すべてミキサーに入れるので、
かくはんしやすい大きさにする。

トマトはへたを取り、
皮をむき、4つに切る。

りんごは皮をむいてざく切りに。
ドライプルーンはぬるま湯に5分つけて戻し、
ざく切りに。

2.①とカレー粉、調味料(ケチャップ、塩)、
ヨーグルトをミキサーに入れ、
なめらかになるまでかくはんすればできあがり!

※小麦粉も油、肉類も使用しないので、
もたれない。

火を通さない分、
フルーツの甘さが強すぎないといいます。

番組では温かいご飯にクルミをトッピングし、
冷たいままのカレーをかけて宮下さんが試食していました。

山脇さんによるとキャベツを
ご飯に混ぜてもおいしいとのことです。

また、加熱してもおいしいそうで、
2日間冷蔵保存できます。


まとめ

【あさイチ】時短カレー術!マキタスポーツの2日目風カレーのレシピ

【あさイチ】時短カレー術!10分であめ色たまねぎを作る方法&鍋が洗いやすくなる技

【あさイチ】時短カレー術!20分で煮込みカレー&火を使わない時短カレーのレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ