【ビビット】料理研究家 寺田真二郎のサバのトマトみぞれ煮のレシピ!

2017年2月14日放送のTBS「白熱ライブ ビビット」の
「旬の食材で何作るんですか?」

今回のテーマは「サバ」

ここではイケメン料理研究家寺田真二郎さんの
“サバのトマトみぞれ煮”のレシピ!

スポンサードリンク

“サバのトマトみぞれ煮”のレシピ

【サバのトマトみぞれ煮のレシピ】

『材料』(2本分)

サバ(3枚おろし)→2枚

小松菜→ 2束(4cm幅に切る)

しめじ→ 1/2袋(ほぐす)
大根→ 150g

赤トマト(小)→ 1個(170g)

青ねぎ→ 適量(小口切り)

レモンの薄切り→ 4枚(半分に切る)

塩→適量

粗挽き黒こしょう→適量

薄力粉→適量

水→300ml

かつおだしの素→ 小さじ1/2

薄口しょうゆ→ 小さじ4

みりん→ 大さじ2

レモンの絞り汁→1/4個分


スポンサードリンク



『作り方』

1.さばに塩をふり、15分程度おき、
出てきた水分をペーパーでふきとる

皮目に1cm幅の切り込みをいれ、
一口大に切り、薄力粉をまぶす

※鯖を煮るときは、
(味噌煮、みぞれ煮など)一度焼いてから煮るとよい
鯖を焼くことで、臭みがとれ、
香ばしくなり旨みが増す

特に皮の身の間に臭みがあるので、
こんがりと焼くことで解消できる

2.フライパンにサラダ油を少量(分量外)塗り、
中火で熱し、鯖を皮目からのせ、
こんがりとしたら、裏返す

身のほうは、サッと焼き、取り出す
(フライパンに臭みがうつるので、一度洗う)

3.フライパンに水、かつおだしの素、
薄口しょうゆ、みりんを入れ、
火にかけ煮立たせたら、鯖としめじを加える

弱めの中火にし、落し蓋をして3分煮る
  
※鯖は、時間をかけて煮ると身がパサつき、
硬くなるので煮過ぎない

4.煮ている間にみぞれを作る
大根をすりおろし水気をかるく切る
さらにトマトをすりおろし、大根おろしと混ぜる
そこにレモン汁、塩小さじ1/4を加え混ぜる

5.フライパンに小松菜をいれ、しんなりとさせたら、
④のみぞれを加えかるく温める

レモンの薄切り、黒こしょう、
青ねぎをトッピングすればできあがり!



まとめ

この日のビビットのレシピ↓
【ビビット】サラリーマン久保さんのサバとレンコンのはさみ揚げのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ