【家庭の医学】脂肪のサビを落とす奥薗流スイーツレシピ!アボガドフローズン

アボガド

2017年2月14日放送の「たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学」は「名医が教える老化ストップ」。

脂肪のサビを落とす奥薗流スイーツレシピの紹介!

脂肪のサビとは?

身体の中のある部分がサビてしまい、
老化の大きな原因になっていると
医学界が注目しています。

そのある部分とは脂肪。

脂肪のサビを20年以上研究してきた
九州大学の井手友美先生は、
「脂肪がサビると動脈硬化・認知症・がんなどにつながる」
といいます。

脂肪のサビとは、脂肪が酸化すること。

脂肪のサビのチェック法

脂肪のサビは、家庭で簡単に
チェックすることができます。

それは枕から加齢臭を嗅ぎ取ること。

加齢臭とは、加齢と共に身体から
発せられる体臭の一種で、
老化のサインとして考えられています。

脂肪をサビさせる原因は、
加齢で衰えた細胞から発生する老廃物。

この老廃物が多いほど、大量の脂肪を
サビさせそのニオイが
身体の外ににじみ出ます。

これが加齢臭だといいいます。

加齢臭を嗅ぎ取るポイントは
・寝起きの枕を嗅ぐこと
・家族など他人がチェックすること。
・首元が接しているあたりを重点的に嗅ぐこと

古い油のような酸化臭や、押し入れのような
ほこりっぽいニオイがすると、
脂肪がサビている可能性が大きいです。


脂肪のサビを実際にチェック

木村さんはP&Gの研究開発員で、
わずかなニオイの違いも嗅ぎ分けることができます。

木村さんは木崎さん夫婦宅へ。

比較的キレイな公衆トイレのニオイの強さは
臭気計ではかると140ぐらいですが、
木崎さんの奥さんの枕は273、
木崎さんの枕は286でした。

さらに違うお宅の飯田さんの枕のニオイをチェック。
加齢臭の強さは373でした。
3人とも自分の臭いに気付いていませんでした。

そして、主婦の畔柳さんの枕のニオイもチェック。
畔柳さんの枕からは加齢臭は感じ取られなかったのです。

脂肪がサビていると判定された木崎さん夫婦と飯田さん。

脂肪のサビの影響を調べるため、
影響を受けやすい血管の硬さを計測しました。

その結果その3人は、
全員が同年代の基準値よりも血管が硬かったのです。

スポンサードリンク

ではどうすればいいのでしょうか?


脂肪のサビを落とす栄養素はビタミンE

脂肪のサビを落とす栄養素があります。
その栄養素とはビタミンE。

ビタミンEは脂肪のサビを落とす抗酸化物質。

【ビタミンEが多く含まれている食材】
ビタミンEは魚卵に多く含まれ、
魚ではうなぎ・鯛・ハマチに多い。

野菜ではカボチャ・赤ピーマン・サツマイモなど。

果物ではマンゴー・キウイ・アボカドなど。

肉類にはあまり含まれていないそうです。

またアーモンド・落花生・松の実等の
ナッツ類にも多く含まれています。

【どれぐらいとったら効果がある?】
脂肪のサビを落とすのに必要なビタミンEの量は、
1日25mg以上。

しかし日本人の平均摂取量は6.4mg。

目標値に18mg以上も不足しています。

ビタミンE18mgは、鯛なら4尾分、
カボチャなら2分の1個に相当します。

これだけの量を食事に足さないといけません。

そこで家庭料理研究家の奥薗壽子さんに
ビタミンEの豊富なレシピの作成を依頼。

今回奥園さんが紹介するのは、
ビタミンEたっぷりのスイーツ3品。

10分以内にできて
特別な調理器具は一切使いません。



奥薗流ビタミンEたっぷりスイーツレシピ

【①アボカドフローズンのレシピ】

アボカドフローズンのレシピ

『材料』(3食分)

調整豆乳→200ml

はちみつ→大さじ2

バナナ→1本

アボカド→1個

キウイ→2個

レモン→1個

サフラワー油(紅花油)

『作り方』

1.アボカドの種をとり、
実をスプーンですくってポリ袋へ入れる。
※アボカドはビタミンEが豊富

2.キウイとバナナも適当に切って加える。

3.ポリ袋を手でもんで材料を潰す。

4.③に調整豆乳とレモン汁とはちみつを加え、
紅花油も加えてよく混ぜる。

※サフラワー油(紅花油)はビタミンEが豊富
ビタミンEは脂に溶けやすく一緒に摂取すると
体内への吸収力がアップ!

5.袋を平にして冷凍庫で3時間冷やす。

6.器に盛り付けてできあがり!

※ビタミンEは6.3㎎摂取できます。


奥薗壽子さんのレシピの続きはこちら↓
【家庭の医学】奥薗流レシピ!サツマイモキャラメル&カボチャチョコ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ