【ホンマでっかTV】骨格筋評論家岡田隆の器具なしで美ボディ筋トレ!ボディビル

ポールダンス、女性

2017年2月15日放送の「ホンマでっかTV」の
ホンマでっか!?ランキング

骨格筋評論家の岡田隆先生の
器具いらずできれいな体を作る方法ランキング!

スポンサードリンク

器具なしで筋トレ

骨格筋評論家の岡田隆先生によると
ボディビルのポージングを利用することで
器具なしでキレイな体を作れるとのこと。

今回は、女性が気になる5つの部位のトレーニング法を
ボディビルのポージングを使って紹介。
器具いらずできれいな体を作る方法ランキング。







5位:美尻が作れる!「バックダブルバイセップス」

『垂れたお尻を解消!』

筋肉の間の溝に脂肪がたまると
お尻がきれいに見えなくなります。

筋肉と筋肉を盛り上あげてメリハリを作る
キレイなお尻を作ることができます。

『やり方』

1.脚を外側へひねる

2.ひねったまま後ろへ蹴る。

3.腕を決める。

力を入れて3秒キープ→力を抜く→10回
繰り返し3セット

※各筋肉の力の入れ方を覚えることが
きれいな体を作るには大切





4位:キレイな脚が作れる!「サイドチェスト」

『太い足首を解消!』

ふくらはぎの腓腹筋の外側頭と内側頭に
分けて考えるときれいな足が作りやすい。

内側頭が弱いと内側がまっすぐになって
棒みたいな脚になってしまいます。

外側頭が大きすぎると外側が膨み
O脚に見える脚になってしまいます。

そのため内側頭の筋肉を鍛えると
きれいな脚になります。

『やり方』

1.足の親指に体重を乗せる。

2.3秒キープして力を抜くを繰り返す。



3位:スッキリ二の腕が作れる!「サイドトライセップス」

『タプタプな二の腕を解消』

二の腕の脂肪が取れないのは
筋肉をうまく使えていないから。

三角筋と上腕三頭筋の間に脂肪が溜まりやすい。

なので腕だけじゃなくて肩の三角筋も鍛えることで
腕が引き締まりきれいに見える。

『やり方』

1.腕を真っすぐ下に伸ばす。

2.反対の手を添えて後ろに広げる。



2位:キレイな太ももが作れる!「フロントラットスプレッド」

『ムチムチな太ももを解消!』

太ももの内側は脚を曲げ伸ばしする筋肉ではなく
内側に閉じる筋肉が重要です。

ひざを伸ばすトレーニングをしても
内ももはきれいにはならない。

内ももを鍛えるトレーニングをしないと、
内側の太ももはキレイにならない。

『やり方』

1.足を広げて内側に閉じるように力を入れる。

※バレエダンサーは内腿の筋肉を鍛えて
ほかの筋肉を減らしきれいに見せている



1位:くびれてスッキリとしたウエストが作れる!「アブドミナル&サイ」

『締まりのないウエストを解消!』

おなかのまん中のラインが腹直筋という
シックスパックを作る筋肉の溝。

外腹斜筋と腹直筋の溝を鍛えると
縦線ができてきれいなウエストになります。

大きくひねると、ウエストの横の筋肉がついて
くびれにくくなってしまうので、
あまりひねり過ぎない。

『やり方』

1.片方の足を少し前に置く。

2.息を吐きながらお腹を丸める。

3.体を少し傾ける。

3秒×10回を3セット行う。

ダレノガレ明美さん、ナイスバディですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ