【ガッテン】骨ホルモンで血糖値ダウン! かかと落としのやり方

骨、ホルモン

2017年2月15日放送の「ガッテン」は
「脳を活性化!血糖値ダウン!新発見ホルモンSP」

血糖値を下げて脳も活性化させる
かかと落としの方法を紹介!

スポンサードリンク

骨と糖尿病の関係性

骨の病気である骨粗しょう症。

会社員の原さんは人間ドックをきっかけに
精密検査を受けると骨粗しょう症だと診断されました。
原さんの担当医は、原さんに薬による治療を勧めした。

すると原さんの骨密度は上昇。
それだけでなく、血糖値も減少しのです。

国際医療福祉大学の太田博明教授によると
骨粗しょう症の治療をしていると
血糖コントロールが良くなるケースは
しばしばあるとのこと。

骨の血管はすい臓とつながっていて、
骨と糖尿病には関係性があります。

骨は硬く冷たい岩のような無機物だと
思われてきました。

しかし2007年、アメリカ・ニューヨークの
コロンビア大学のジェラルド・カーセンティ教授が、
骨の中にあるたんぱく質のオステオカルシンを
糖尿病のマウスに注射したところ、
オステオカルシンがすい臓とインスリン、
筋肉の働きを活発にすることが分かったのです。



オステオカルシン(骨ホルモン)とは?

“オステオカルシン”は日本語でいうと
“骨ホルモン”で
臓器の働きを活性化させる働きがあります。

また神経細胞の結合を維持させ、
記憶・認知機能を改善させます。
さらに、肝細胞の代謝を向上させ
肝機能を向上させます。

ほかにも動脈硬化を防ぎ、小腸で糖などの
栄養吸収を促進したり、
男性ホルモンを増やして生殖能力を高めたり。

皮膚組織と同じ種類のコラーゲンを作り出し、
骨がつくるFGF23というホルモンは腎機能を向上させ
させてくれます。

スポンサードリンク



ステオカルシンの量が少ない人は、血糖値が高い

40歳~70歳代の健康な男女80名を対象に、
どんな人にオステオカルシンが多いのかを調査。

80人の平均の値は4.3でしたが、
その半分にも満たない人は6名。

しかし、骨密度は6人とも正常でした。
骨密度とオステオカルシンの数値は、
必ずしも関係があるわけではないとのこと。

一方、6名とも血糖値は高く、
糖尿病予備群だったのです。

つまりオステオカルシンの量が少ない人は、
血糖値が高い傾向にあることが分かりました。

現在、オステオカルシンの検査は
甲状腺・副甲状腺異常の疑いがある場合にしか
検査はできないそうです。


オステオカルシンを増やすには

オステオカルシンの調査で、
オステオカルシンが少なかった6人に、
骨のある部分を刺激する技を伝授。

1日30回を1週間続けてもらったところ、
6人中5人のオステオカルシンの値が上昇しました。
一方、血糖値は全員減少したのでした。



その方法とはかかとを上げて落とすかかと落とし。

振動などの刺激が伝わると
骨の細胞ネットワークが活性化し、
骨ホルモンが分泌されるとのことです。

【かかと落としのポイント 】

1.姿勢をよくして、ゆっくり大きく真上に伸び上がり、
ストンと一気にかかとを落とす

※頭の上から見えない糸でつり下げられているイメージで
大きく真上に伸び上がります。

2.1日30回以上が目標!
必ずしも連続で行う必要はないので、
空いた時間にちょこちょこと行い、
1日の合計が30回以上を目指しましょう。

なれればもっと回数を増やしても構いませんが、
1日に多くやるよりも毎日継続することの方が重要です。

また、高齢者や体力に自身のない人は、
壁やテーブルにつかまってもよいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ