【林修の今でしょ!講座】失敗しないジューシー餃子の作り方!

 プロの餃子

2017年2月21日放送の「林修の今でしょ!講座」の
超人気!話題のカルチャースクール!
料理の基本を学ぶ講座。

ここでは絶対失敗しない
餃子の焼き方を紹介!

スポンサードリンク

料理の基本を学ぶ講座

教えてくれるのは、今大人気の料理教室。

毎月500人以上を指導している
この道25年のカリスマ講師
田中玲子クッキングスクールの
中村奈津子先生。



失敗しない餃子の焼き方

皮がもっちり・カリカリで破れない
ジューシーな餃子が作れます。
 
1.弱火でフライパンを熱し、油を敷く。
 
2.餃子を押し付けるようにして置く。

3.餃子の置き方は
隙間を空けずにぎゅうぎゅうに詰め込む。

4.置いた後は中火にして裏がきつね色になるまで焼く。
て最初の焼き具合いは2~3分。
底が透明に透けるぐらいでo.k。
 
5.もっちりカリッの焼き方
餃子を蒸し焼きにするために水ではなく
お湯を加える。
 
6.お湯の量がポイントで、
餃子が半分浸るくらいの量を
鍋肌から入れるようにする。

スポンサードリンク

※お湯の量が少ないと焦げる原因になるため

※餃子に当てると皮が開いてしまうので注意。

7.水を入れてからは中火で7分ぐらい蒸す。
蒸し終わったお湯は蒸発しきるるまで待つ。
餃子は動かさない。
 
5.餃子を美味しく焼き上げるには、
音の変化を聞き分けることがポイント。

仕上がりの合図は、
餃子の焼き音が「チリチリ」になった時。

餃子の焼き音がジュージューから
チリチリという音になったら
軽く回すようにゆする。

そうすると餃子が底から外れ動く。
 
6.肌からごま油少量を回しかけ
焦げ目を付ける。
 
7.ライパンにお皿をかぶせて
ひっくり返せばできあがり!



♪————————-♪
絶対失敗しない料理検定
餃子の焼き方編

・ギュウギュウ詰めに並べる
・餃子の半分までお湯を入れ蒸す
・チリチリ音がしたらフライパンを回す

♪————————-♪

まとめ

【林修の今でしょ!講座】失敗しないオムライスの包み方!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ