冷え性改善法!毛布の使い方、靴下をはいて寝ない【ハナタカ】

冬

2016年1月17日放送の「日本人の3割しか知らないこと 
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 2時間SP」

その中で冷え性など、
寒さにかかわるハナタカを紹介!

会話形式で紹介します。

スポンサードリンク

こたつの光が赤い理由

父親「あったかい!やっぱり冬はコタツに限るよ。
この遠赤外線の赤い光は体の芯まで温めてくれるから助かるよ。」

母親「お父さん!それは間違い。
コタツの光は遠赤外線じゃありません!」


【コタツの光は遠赤外線ではない!?】

こたつの赤い光は電熱線やライトの塗料の色。

赤くする事で暖かいイメージにしているだけなんです。



段ボールは最強の防寒道具?

(子供が段ボールの中に入っています。)

母親「もう!ちょっとあんた何やってるの?そんなのであったかいわけないでしょ!」

段ボール

子供「お母さん知らないの?
段ボールってあったかいんだからぁ。」

【ダンボールの保温効果を侮ってはいけない!?】
熱を伝えにくい働きがある紙でできたダンボール。

しかし、中にある空気が温まると熱がこもり保温される。

なのでダンボールにくるまって寝ると温かいのです。

スポンサードリンク

毛布の使い方でとっても温まる

祖父「そろそろ寝ようか。
冬の布団ってホント冷たくて嫌なんだよな。
これってなんとかできないのかな?」

娘「そんなの簡単じゃない。
毛布の使い方を変えればいいだけよ。」


【より温まりたいなら毛布は上にかけない方がいい!?】


【正しい毛布の使い方】

1.敷き布団の上に毛布をかける。
2、毛布の上に寝て上から羽毛布団をかける。

これが温まる方法。

毛布の上に寝ると体温を毛布がキャッチ。
掛け布団も保温してくれるので温まる。

毛布をかけて寝ると毛布の保温効果を十分に得られないのです。



靴下をはいて寝ると○○

母親「ねえ、寝るのに何で靴下はいてるの?」

娘「最近冷え性なんだよね。
靴下はいて寝る方がいいって聞いたから試そうかと。」

母親「 何言ってるのよ!そんなのいいわけないじゃない。」

【寝る時に靴下をはくのはむしろ逆効果になる!?】
靴下をはいちゃダメって事なんとなく聞いた事ある人も多いはず。

靴下をはいて寝るとこんなに冷えてしまうのです。

裸足と靴下でどんな違いが出るのかサーモグラフィで検証。

最初は靴下をはいている方が温かったのですが…。

靴下のほうが冷えたのでした。

コンディショニングトレーナー有吉さん「足の裏はコップ2杯分ほどの汗をかいて老廃物を排出してます。
足を覆うことでその代謝が妨げられ、また水分の蒸発も悪くなって帰って冷えを促進してしまいます。」

つまり夜な夜な水をかけられてるのとほぼ同じ状況だという事。

ここで簡単に出来る冷え性改善方法をご紹介!

【冷え性改善法】
1.片足を反対のモモの上にのせる

2.手の指を足の指の間に入れる。
手の指を一本一本足の指の間に丁寧に根元まで差し込んでください。

3.そしてそのまま20から30回ほど足首を回す。

冷え性改善法

冷え性改善法

これを就寝前やお風呂の中でやるとその後にすぐ効果が出るそうです。

冷え性改善法



感想

足首を回すだけで冷え性が改善されるのはいいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ