【ガッテン】血糖値を下げるデルタパワーは睡眠薬!ぐっすり寝るには筋弛緩法

枕、睡眠

2017年2月22日放送のNHK「ガッテン」は
「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」

運動や食事制限でも血糖値が下がらない人に朗報!
まったく新しい治療法が始まりました。

スポンサードリンク


※「ガッテン」では
睡眠薬に関する行き過ぎた表現により
視聴者に誤解を与えたとして、
番組ホームページに謝罪文がのっています。

「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」をご覧になった皆様へ


デルタパワーで血糖値が下がる

きょうのテーマは糖尿病。

先週はかかとを落とすだけで
血糖値が下がる方法が紹介されましたが、
もっとすごい裏技があるとのこと。

この方法こそがデルタパワーで、
血糖値を下げるだけでなく糖尿病予防にもなります。

デルタパワーを使った治療をしているのが、
大阪市立大学医学部附属病院。

稲葉先生はデルタパワーに注目して
全く新しい糖尿病の治療法を生み出しました。

使用するのはデルタパワーを出す薬。

この薬を17人に使用した所、14人が改善しました。
中には血糖値が30下がった患者もいたといいます。

この薬を都内に住む糖尿病患者の海野さんに
使用してもらうことに。

夕食は糖分が少ないシリアルを食べていたりしますが、
血糖値は下がることなく
現在は140を超えてしまっています。

そこで今回デルタパワーを使った治療法を試しました。

飲み始めて一週間、血糖値を測定すると
112に下がっていたのでした。

また、血糖値以外にも体の動きが軽くなったといいます。

海野さんが服用していたのは新しいタイプの睡眠薬でした。

この薬が寝ている間にデルタパワーを増やしてくれていたのです。

デルタパワーは熟睡している時だけでる脳波で、
増えると血糖値が下がるのです。

血糖値の高い海野さん達をモニタリングすると、
同年代平均よりも寝ている時のデルタパワーの出方が
悪かったのです。



睡眠薬で血糖値が下がる

デルタパワーが少ないと血糖値が上昇、
すると交感神経が上がり、熟睡できず、
脳はストレスを感じ、ストレスホルモンがあがります。

すると血糖値があがり、
血糖値が上がれば交感神経が上がりと
負のサイクルになってしまいます。

そこで睡眠薬を使って熟睡をしてもらうことで、
デルタパワーを復活させて血糖値を下げようという
治療法なのです。

従来の睡眠薬は脳の活動全体を抑えて
熟睡させるタイプ(GABA受容体作動薬)でした。

新しい睡眠薬(オレキシン受容体拮抗薬など)は
脳が出す睡眠をコントロールするホルモンにだけ
作用するため、自然な深い眠りにしてくれます。

副作用の心配も少なく、
糖尿病患者も気軽に服用することができるとのこと。

※副作用が出る場合もあるので、
医師の判断が前提となります。

また、睡眠障害の患者は糖尿病の発症率が
2倍になると言われています。

そのためこういった薬剤の使用で
糖尿病の発症予防にもつながります。

スポンサードリンク

海野さんも含め睡眠障害を自覚していない
糖尿病患者が多いとのこと。

気づくポイントは「日中の眠気」です。

・一時間を超える昼寝を頻繁にする。
・仕事にさしつかえるぐらいの強い眠気を頻繁に感じる。

この2つに思い当たる方は
医師に相談した方がいいということです。

睡眠の専門外来を受診するのもおすすめです。

※睡眠薬が必要かどうかや薬の選択は
医師の判断になります。



8時間半の睡眠が必要

普段の睡眠時間は7時間で十分に眠れていると感じている
ガッテンボーイ。
光や音が完全に遮断された部屋で
6日間過ごしてもらいました。

すると初日はなんと11時間超え、
その後徐々に減っていき最終日は
およそ8時間半の睡眠時間となりました。

国立精神・神経医療研究センターでは
20代の被験者15人が9日間、
閉鎖空間に入るという実験を行いました。

すると実験前7時間半だった平均睡眠時間が
同じく8時間半に延長することが分かりました。

実験終了後のインスリンの分泌能力もアップ。
インスリンは血糖値を下げてくれるホルモン。
(ガッテンボーイは80→89に)
より糖尿病になりにくい身体に変化していました。

つまり8時間半が本来、体が必要としている睡眠時間で、
普段は必要睡眠時間よりも一時間短い
「潜在的睡眠不足」状態だったことがわかったのです。

この潜在的睡眠不足が長期間にわたって続いていけば、
将来の糖尿病リスクが上がってしまいます。

潜在的睡眠不足に気づく方法は、
休日に遅く起きてしまういわゆる「週末の寝だめ」。

平日より3時間を超えて寝だめをしてしまう場合は、
普段の睡眠が足りてない証拠です。

寝だめをしなくてすむように
日々の睡眠を増やすことが大切です。

※一般に「寝だめ」といいますが
睡眠を貯めることはできず、実際には睡眠の負債を返済しています。

日本人の睡眠時間は減り続けていて、
現在は7時間15分ぐらいで、
世界で見ても最低レベルになっているそうです。



ぐっすり眠る方法

【“筋弛緩(きんしかん)法 】

早く寝付き、ぐっすり眠りたいという方に
おすすめなのが「筋弛緩法」です。

体の緊張を解いてリラックスすることで
心の緊張をほぐし、睡眠の質を改善する効果が
あると考えられています。

1.椅子に座り軽く目を閉じ、
手を握り脇をしめて二の腕に力をいれる。

肩甲骨を寄せて肩を上げる。
足も上げる。

体全体に6~7割の力を込めて5秒間キープ。

2.ストーンと力を抜く。
20~30秒間ほど
筋肉がじわじわする感じを味わう。
2~3回ほど繰り返す。

※副交感神経が優位になり、
ねつきがよくなったり睡眠の質が良くなる効果があります。

※リビングなど寝室以外の場所で行い
リラックスできてから寝室に行くのが
おすすめとのこと。


夜食を食べると睡眠は?

20代の健康な女性に寝る前の12時に
夜食をたっぷりたべて寝てもらいました。

翌朝に眠れたか聞くとよく眠れたといいます。

しかし、デルタパワーをはかると
激減していたのでした。

デルタパワー
普段→3560
夜食あり→2348

夜食は熟睡できなくなり、
将来糖尿病の危険が高まるとのこと。

寝る前3時間は食べないことが
熟睡のポイントとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ