【サタデープラス】認知症予防に歌トレ!

老夫婦、病気

2017年2月25日放送の「サタデープラス」こと
サタプラの「ドクタープラス」は
「40歳から始める認知症予防『歌トレ』」

スポンサードリンク

認知症予防トレーニングに歌トレ

40歳から始める認知症予防「歌トレ」。
脳の司令塔である前頭葉を活性化させ、
効率の良い認知症予防が期待できるものが「歌」です。

古賀良彦ドクターが光トポグラフィーで、
前頭葉の血流を測定。

ある女性につけて、計算をすると
脳が刺激され活性化されます。
では歌はどれほど活性化させるのか。

歌うとあっという間に刺激が広がりました。
歌うことで脳の広範囲で血流が行き渡るそうです。

音楽療法は、認知機能が正常になることもあるといいます。

ケアネット川崎サービスセンターでは、
童謡をみんなで歌い、ケアしています。

なつかしい歌に触れることで
過去の記憶を蘇らせる効果が期待できるといいます。

さらに歌に合わせてリズム体操もします。

話を聞くとみなさん、
脳の若返りを実感しているといいます。

ということで今回は、
40歳からの認知症予防!
3つの“歌トレ”で、楽しく脳の若返り!
監修してくれたのは脳科学者の篠原菊紀先生。

認知症予防トレーニング3つの“歌トレ”

聴くだけで脳を活性化させる歌トレ「ミックスミュージック」


同時に流れる2つの歌を聴き分けるというトレーニング。

複数の歌を同時に流すというのがポイント。
「音楽を聴き分ける」という事だけに集中することで
脳の前頭前野と呼ばれる部分を活発に働かせて
認知症で衰えやすい“集中力”を鍛えます。

番組では
「津軽海峡・冬景色」
「およげ!たいやきくん」
「負けないで」を同時に流していました。

歌詞や曲名を思い出すことで前頭葉だけでなく、
側頭葉も同時に働き、
脳にさらなる刺激を与えることができます。



歌うだけで注意力アップ!「文字禁止ソング」

歌詞の中の、ある特定の文字を言わずに歌うだけです。
歌うことに加えて、歌詞の文字を注意して見るという事は、
後頭葉の視覚野も同時に使います。

【例題】
童謡「うさぎとかめ」の場合、
「も」と「か」の2文字を禁止し、
禁止された文字を言わずに歌う。

スポンサードリンク

抜けた感じになりますが、こうする事で、
注意分割機能を鍛える事ができます。

注意分割機能とは2つ以上のことを同時にするとき
それぞれ適切に注意を払う能力のこと。

この能力が衰えると、料理中に電話に夢中になって
料理をしていたことを忘れてしまうなどをしてしまう。

また、失敗しても、歌いながら文字も同時に
注意する事で脳を鍛えるトレーニングになるといいます。

番組では文字禁止ソングを
「大きな栗の木の下で」でチャレンジしていました。
禁止文字は「き」と「た」。

カラオケは脳に効率の良いトレーニングになるとのこと。
歌詞も出るので文字禁止ソングにも最適だといいいます。



歌いながら判断・実行力を鍛える「鼻耳チェンジ!」

歌に連動した動きを組み合わせる事で、
前頭葉と運動葉との繋がり、
つまり“判断・実行能力”が鍛えられます。

1.右手で鼻をつまむ

2.左手をその外から回して右の耳をつまむ

3.歌のリズムの切れ目がきたら、左手で鼻をつまみ、
右手はその外から回して左の耳をつまむ
※この動作を、歌を歌いながら繰り返すというもの

【例題】
でんでんむしむし かたつむり(チェンジ)
おまえのあたまは どこにある(チェンジ)
つのだせ やりだせ あたまだせ

※レベルアップバージョン
左右の手を入れ替える時に、
手をたたくく動きを入れます



脳を若返らせるというカラオケソング

脳科学者・篠原菊紀先生が
「昭和」と「平成」の2つの時代から選んだ
脳を若返らせるというカラオケソング 。


①デュエット曲
昭和:「ロンリー・チャップリン」RATS&STAR
平成:「ガラスの少年」KinKi Kids

ポイントは2人で歌うデュエット曲

相手と息を合わせて歌う事で、
お互いの脳が同調し活性化します。

特に脳の上側頭回という部分が活発に働き、
脳の若返りが期待できます


②別れの曲
昭和:「木綿のハンカチーフ」太田裕美
平成:「さよなら大好きな人」花*花

ポイントは別れの曲

主人公の心情がイメージできるラブソングは、
脳を活性化させるといいます。

特に、“別れ”といった恋愛感情の起伏は
大脳辺縁系の記憶効率を高め、
物語の主人公になりきって歌うことで、
より脳を活性化させるそうです


③ラップ系の曲
「俺ら(オラ)東京さいぐだ」吉幾三

ポイントはテンポの速いラップ系の曲
日本初のラップ曲と言われているこの曲は、
テンポが速く言葉数が多いので、
脳の司令塔、前頭葉を効率よく刺激してくれます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ