【ズムサタ】徳島えりかの横浜中華街の個性派小籠包!スイーツ系も

デインタイフォン(鼎泰豐)の小籠包

2017年3月4日放送の「ズームイン!!サタデー」の
「ズムサタいちおし!」は
「今日から楽しめる横浜中華街!えりかの小籠包」

スポンサードリンク

徳島えりかアナおすすめ個性派小籠包

横浜中華街は個性派小籠包の激戦区。
どこのお店にも小籠包メニューがあるといわれるぐらいなんです。

種類が豊富で個性派ぞろい。

そんな横浜中華街の小籠包を案内するのは
”自称”アナウンサー界きっての小龍包マニアだという
徳島えりかアナ。

徳島えりかアナは
小籠包専用レンゲももっていました。

そんな徳島えりかアナが個性派小籠包を厳選!




【行列のできる鵬天閣】

1日に1万個もの小龍包が売れるという行列のできるお店。

紹介された小籠包
『焼き小龍包』



【湯気&肉汁がすごい!小籠包『張記小龍包』】

住所:神奈川県横浜市中区山下町79

熱々スープが楽しめる!
あんの肉は国産の豚肩ロース。
おいしさの決め手ピートン(皮凍)は自家製!

紹介された小籠包
『伝統上海小龍包』(6個864円)

スポンサードリンク



【食べ歩き小籠包のパイオニア『江戸清 本店』】
住所:神奈川県横浜市中区山下町192

カップに入れて食べ歩きが可能に!

普通の小龍包の3倍もあり、
女性が食べ歩きして満足できる大きさにこだわったそうです。

江戸清はもともと精肉店だったので小籠包に一番いいお肉
を厳選して使っているとのこと。

紹介された小籠包
『フカヒレ入り湯杯小籠包』(330円)



【中華と洋のコラボした美しいオレンジ色の小籠包!『状元樓 横浜中華街本店』】

住所:神奈川県横浜市中区山下町191

小龍包が食べられるという上海料理店。

オレンジ色の秘密はクチナシと紅麹を
皮に練り込んで色付けしたもの。

皮だけでなく、
スープにはトマトやセロリ、甘海老、ロブスターなどの
洋風の食材を使用。

濃厚エキスが詰まったジュエリー点心が楽しめます。



【新感覚の小籠包スイーツ&つけ麺『六角橋焼小籠包』】

住所:神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-9-1

横浜市六角橋の六角橋商店街へ。
テレビ初公開の小龍包専門店!

こちらの小籠包は油が多く、揚げに近いため
食感が一味違う。

こちらでオススメなのはスイーツ系小龍包。

外側はかりっと香ばしく、
中のもっちりカスタードとベストマッチ!

また、珍しい小龍包の出汁を使ったつけ麺とよばれるラーメンも。

紹介された小籠包
『焼き小籠包カスタード&キャラメルソース』 (3個350円)
『小籠包の濃厚肉出汁つけ麺』 (麺100グラム500円)

【焼き小籠包カスタード&キャラメルソース】

【小籠包の濃厚肉出汁つけ麺】

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ