【世界一受けたい授業】腰痛改善にたった3秒の”これだけ体操”!

腰痛

2017年3月4日放送の「世界一受けたい授業」の
「春腰痛が危ない!ある3秒ポーズで腰痛改善?」

たった3秒の”これだけ体操”などを紹介!

スポンサードリンク

腰痛の原因

日本人の体の悩み1位は腰痛。
2800万人が苦しんでいると言われていいます。

腰痛は春が最も危険な季節で
5月に患者が最もピークに。

暖かくなり体を急に動かしたり、
新生活でストレスが増すことなどが
原因といわれています。
 
さらに花粉症によるくしゃみにも
原因があります。
 
実は、1回くしゃみをするだけで
腰に最大300㎏もの力がかかっているのです。

そんな腰痛について
東京大学の松平浩先生が解説。

腰痛の大きな原因はほぼストレス。
 
慢性腰痛の多くは腰だけの問題ではなく、
上司からのプレッシャーや
腰痛への恐怖心が大きく関わっています。
 
現代人は腰痛借金をためる生活をしています。
 
腰痛借金とは、知らないうちに
ためている腰への負担のこと。
 
典型的なのは座りっぱなしや
立ちっぱなしなどの悪い姿勢。
 
たとえわずかでも積み重なることで
腰痛借金はたまっていき、
腰痛が発生してしまうのです。


スマホや料理を作る時の姿勢

特に注意なのがスマホを見る時の姿勢。
骨盤が後ろに傾き猫背になりがち。
 
楽なように見えますが、
100㎏以上もの負担が腰にかかっています。
 
腰への負担が少なくなる
スマホのもち方があります

スポンサードリンク

スマホをもつ手の肘をもう片方の手で支え、
骨盤を立てることです。

1日1~2回でもよく、
少しでも姿勢を意識することが
改善につながります。

料理をするときの姿勢も前かがみとなり
腰痛借金をためやすい姿勢です。
 
10㎝以下の踏み台に片足をのせます。
その足に体重を少しかけると、骨盤が前に出て
背骨がまっすぐになります。
 
 


コルセットはあまり効果がない

腰痛予防の新常識を紹介。
慢性腰痛にコルセットはあまり効果がない。

ぎっくり腰の直後など、
立てないほど痛いときは効果がありますが、
激しい痛みが治まった後も付けていると
腰回りの筋肉が衰え、
腰痛改善に逆効果と言われています。


寝具は適度に硬いものがよい

更に腰痛になりやすい人の共通点は
寝ている時に寝返りが少ない人。

寝具は適度に硬いものがよい。



【これだけ体操のやり方】

1.足を肩幅よりやや広めに開き、
リラックスして立つ。

2.両手を腰ではなく、お尻に当てる。
指は、下向きにそろえます。

3.息を吐きながら、上体をゆっくり後ろに反らせ、
3秒キープ、元に戻します。

※腰を曲げるというより、
手で骨盤を押し込むイメージで動かす。

ひざを曲げない事と、あごを引く。

腰痛の治療には、これを1日10回
予防なら1~2回でo.k。

いつおこなってもいいのですが、
筋肉がこわばっている午前中がおすすめ。

※腰や太ももに痛みや痺れを感じた人は
脊柱管狭窄症の可能性があるため、
すぐに中止して医師に相談を。





早歩き

これだけ体操にプラスしてやると腰痛改善ができる、
先生おススメの簡単な運動があります。

それは早歩き。

2000年から群馬県では早歩きに関する
大規模調査が行われています。

早歩き習慣のある高齢者の方が
がんの人が少なかったのです。

早歩きは腰痛改善にも期待できます。

激しすぎず、弱すぎない運動が、
ドーパミンなどの痛みを抑える物質を分泌させる
とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ