【世界一受けたい授業】骨粗しょう症予防のレシピ!パルメザンチーズリゾット

石鍋チーズリゾット

2017年3月4日放送の「世界一受けたい授業」の
「チーズの科学」

ダイエット効果?虫歯が治る?血圧下げる?
チーズの科学をコナン君と謎解き


ここではパルメザンチーズリゾットのレシピを紹介!

スポンサードリンク

チーズの骨粗しょう症予防効果

チーズについて教えてくれるのは
東北大学大学院のチーズ博士こと斎藤忠夫先生。

骨粗しょう症予防に絶対に必要なのが
カルシウムです。
日本人はそのカルシウムが不足しています。

そこでチーズの出番。
チーズは牛乳を約10倍に濃縮した食べ物なので、
カルシウムも豊富。

しかし食品に含まれるカルシウムは
全てが吸収されるわけではありません。

チーズは、魚や野菜などに比べ
非常にカルシウムの吸収率が高く、
カルシウムを摂るには最適な食品といえます。

チーズの中でも最もカルシウムが豊富なのが
パルメザンチーズです。

そこでおすすめなのが、パルメザンチーズのリゾット。




パルメザンチーズのリゾットの作り方

【パルメザンチーズのリゾットのレシピ】

『材料』 (2人分)
ご飯→200g

玉ねぎ→1/4個

ベーコン→30g

パルメザンチーズ→50g

しらす→25g

コンソメ→小さじ1

牛乳→400cc

バター→10g

鰹節→適量

ブラックペッパー→適量



スポンサードリンク



『作り方』
1.玉ねぎ、ベーコンをみじん切りにする。

2.フライパンが温まったらバターをひく。

3.次に玉ねぎを入れ、
火が通ったら次にベーコンを入れる。

4.次に混ぜながら牛乳、コンソメ、
ご飯、パルメザンチーズ、しらす
ブラックペッパーの順にフライパンに入れていく。

5.水気がなくなったらお皿に盛り付ける。

6.リゾットに鰹節を散らし、
その上から再びパルメザンを散らしたらできあがり!

ビタミンDが豊富なシラスを入れることで、
チーズと一緒に味わうと吸収率が更に高まります。

チーズを使った料理は、カルシウムの吸収のことを考えると
起きてすぐや空腹時がおすすめ。



まとめ

この日の世界一受けたい授業の記事↓

【世界一受けたい授業】血圧を下げるチーズレシピ!春巻きの作り方

【世界一受けたい授業】チーズに認知症や虫歯予防、ダイエット効果!幻のチーズも

【世界一受けたい授業】腰痛改善にたった3秒の”これだけ体操”!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ