【林先生の初耳学】実用視力検査で悪くなるのはドライアイが原因!

視力回復

2017年3月5日放送の「林先生が驚く初耳学」の
「視力の怖い話」

視力検査で1.0でも実質0.4の恐れとは?

スポンサードリンク

視力1.0でも本当は0.4?

実は0.7以上が必要なドライバーの
4人に1人が0.7に達しておらず、
中には0.4程度しかない見えない人も。

その原因は普段の視力検査にあるというのですが、
林先生知ってた?
それとも初耳?

林先生



初耳!


視力検査で1.0でも実質0.4の恐れがある理由

ポイントは「実用視力」

視力検査と実用視力は別モノなんです。

視力検査で良い結果出すため、
あまり見えていないにも関わらず
何かの拍子に一瞬だけ見えたものを
答えたことありませんか?

これはテレビやスマホで目を酷使する
現代人に多く起こる現象。

仮に視力検査がよくても
日常生活でも視力がよいとは限りません。

本当の視力を測るには実用視力を
測る必要があります

視力検査にはもう1つ
実用視力というのもあります。

通常に視力検査に「時間」という要素を加え
連続的に視力を測定します。

そのためより実生活に近い視力が測定可能なのです。

実用視力検査を見てみると
いいときは1.2あっても0.08まで下がる人も。

この大きな原因はドライアイにあります。

スポンサードリンク

通常目は涙の膜で覆われており、
涙がレンズとなり光を均一に送り込む役割をします。

しかしドライアイだと涙が目の表面に均一に残らず
光が乱反射し視力が低下してしまうのです。



ドライアイになる日常の行動

そんなドライアイになる原因の1つは
日常生活のふとした行動。

ポイントはテレビやスマホを
どのような体制で見ているか。

そこで楽屋隠しカメラを設置。

【このまままじゃドライアイまっしぐらランキング】

3位:中島健人
危険な行動→テレビとの距離が近すぎる

距離が近いと画面を凝視し、瞬きの回数が減ります。
すると目が乾きやすくドライアイの原因に。

2位:船越英一郎
危険な行動→まばたきの回数が少ない

通常は3~4秒に1回ですが、船越さんは10秒に1回。
瞬きの回数を増やし、目に涙をいきとどかせましょう。

1位:澤部佑
危険な行動①→寝転がってスマホ。

徐々に腕が下がり、モニターと目の距離が近づくので
目の酷使につながります。

寝転がりならスマホを見るのは絶対にNG。

危険な行動②→寝転がってテレビ
寝転がってみると目が大きく開き乾燥してしまう。

座ってテレビを見ると下目遣いになり
目の大きさが3分の一ぐらいになり
涙の蒸発量も低くなります。



まとめ

【林先生の初耳学】絶対にはがれない絆創膏の貼り方!

【林先生の初耳学】向山製作所の危機を救った生キャラメル!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ