【主治医が見つかる診療所】ルイボスティーでTie2(タイツー)活性化し若返り!

紅茶

2017年3月6日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「血管をケアして10歳若返る!肌の老化&薄毛予防」

ルイボスティーでTie2(タイツー)活性化し
毛細血管のゴースト化を防ぎます。

スポンサードリンク

10歳若返るぞ!プロジェクトの第4弾

血管を元気にして見た目も体の中も
若返らせるスペシャル。

中でも重要なのが毛細血管。
毛細血管は全身の血管の90%以上といわれ
手足の先まで細かく張り巡らされています。

ゴースト化してしまうとシミやシワ、薄毛、
白髪の原因にもなってしまいます。

見た目も体の中も若々しくするためには
このゴースト血管を防ぐことが必要です。

金沢医科大学病院の赤澤純代医師によると
毛細血管を元気にする方法は
外側からのケアと内側からのケアの
2つあるといいます

外側からケアする方法は
こちらで紹介しています↓
【主治医が見つかる診療所】耳と足の静脈マッサージ法!瘀血のチェック法



内側からケアする方法

瘀血を改善するため、もう一つ重要なのが
毛細血管を内側から元気にする方法。

毛細血管は非常にもろく、生活習慣の乱れで
簡単に傷ついてしまいます。

傷ついた毛細血管に穴が空き、血管が漏れて
その先の血管が切れる状態が「ゴースト血管」。

ゴースト血管が増えると体の冷えのほか、
漏れた血液や老廃物が体の表面に溜まり、
むくみ、シワ、シミなどの原因となってしまいます。
 



毛細血管にあるTie2(タイツー)

毛細血管の中にあるTie2(タイツー)という物質。

毛細血管の第一人者、日本血管生物医学会理事長
高倉伸幸医学博士によるとタイツー(Tie2)とは
毛細血管の中にある丈夫で健康な血管を保つための物質。

スポンサードリンク

タイツーの働きが弱まると毛細血管が破れやすくなり、
ゴースト血管になり様々な不調を引き起こすことも。
 
逆にタイツーの働きを活性化すれば、
丈夫な毛細血管でいられるといいます。

タイツーを活性化するおすすめの
飲み物がルイボスティーだといいます。

ルイボスティーとは

 
ルイボスとは南アフリカ共和国を原産とするマメ科の植物。
その葉を発酵、乾燥させ茶葉として
利用したものがルイボスティー。
 
健康に良いお茶として南アフリカのほか
オランダやイギリスなどで古くから飲まれていたといいます。

 
カフェインを含まず、現代人が不足しがちな
マグネシウムやカルシウム、
亜鉛などのミネラルを多く含み、
老化の原因の一つとなる血管の酸化を防ぐ
ポリフェノールも豊富。
 
そして何より毛細血管のゴースト化を防ぐ
タイツーを活性化する成分が多く含まれているのです。
 

ルイボスティーは若返りを目指すには
おすすめの飲み物。

ルイボスティーは紫外線の強い地域で生産されるため
抗酸化作用が強いということで
昔から注目されていたそうです。



まとめ

【主治医が見つかる診療所】むくみ改善にきな粉!ちょい足しレシピも

【主治医が見つかる診療所】耳と足の静脈マッサージ法!瘀血のチェック法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ