【ガッテン】盲腸(虫垂炎)の治療法!防ぐ方法は?大腸がんのリスクは?

腹痛、女性

2017年3月8日放送の「ガッテン」で
「突然の激痛!意外と知らない“盲腸”の真実」
がとりあげられました。

盲腸の原因や症状、治療法などについて紹介!

スポンサードリンク

盲腸(虫垂炎)の手術をすると大腸がんのリスクが高まる?

突然、お腹に激痛が走る「盲腸(虫垂炎)」。

身近で有名な病気ですが、最近の研究によって、
私たちがこれまで抱いてきたイメージとは
異なる側面が見えてきたのです。

その一つが「『盲腸』で手術を受けると、
そのあと大腸がんのリスクが高まる」という研究報告。

2015年に発表された研究で、「盲腸」で
手術をした人7万人以上と、手術をしていない人
およそ30万人を14年間近く調べたところ、
手術をした人はその後1年半~3年半の間、
2.1倍ほど大腸がんになりやすいという結果が示されました。

※リスクが上がったのは、手術後3年半まで。
その後は、手術をした人としない人で
大腸がんのリスクは変わらなくなりました。


盲腸とは?

盲腸は大腸と小腸の境目のあたりにあり、
人間では小さいですが、馬などの草食動物では大きく、
草などの植物を消化する働きをしていると考えられています。

でも、激痛の原因になるのは盲腸そのものではなく、
盲腸には、直径3~5ミリほどの「虫垂」と
いう細い袋のような臓器がついており、
ここに何かが詰まったりすると
炎症が起きて激痛を引き起こします。

中部労災病院の藤原医師は盲腸の手術をした時に、
乳歯や魚の骨、などが出てきたことがあると話しました。

殆どの場合便として流れていくが
ごくまれに詰まってしまう場合もあるとのこと。



盲腸の正式な病名は「虫垂炎」といいます。

この「虫垂」という臓器は、長いあいだ役割がはっきりせず、
「進化の過程で機能が失われた、ムダなもの」と
思われてきました。

ところが最近の研究で、
虫垂にはたくさんの免疫細胞が住んでおり、
健康と深くかかわる「腸内フローラ」が
良い状態に保たれるよう働いている可能性があることが
わかってきました。

つまり盲腸の手術をすると
免疫細胞の住み家を取ってしまう
ということになります。

スポンサードリンク



盲腸の治療法

盲腸(虫垂炎)になったら、
治療は「手術で虫垂を切除する」か
「薬で炎症を抑える」場合がほとんど。

どちらがよいかは状況によっても異なり、
一概には言えません。

※どちらの治療を行うかの判断は医師が行いますので
医師の指示に従ってください。

しかし番組で医師およそ300人に
「虫垂炎の基本的な治療方針」を聞いたところ、
「患者さんの意向を尊重する」という回答が
半数を超えたそうです。

つまり、盲腸(虫垂炎)になったとき、
医師から「手術か薬か、どちらが良いですか?」と
希望を聞かれるかもしれません。

【ポイント】
薬で治療する場合、
虫垂を切らずに保存することができます。
でもその後、10~35%くらいの人は
盲腸(虫垂炎)が再発してしまうことがわかっています。
手術をすれば、
二度と盲腸(虫垂炎)に悩まされることはなくなります。

一方で最新の研究では、虫垂を切ると、
その後3年半の間、大腸がんのリスクが
2.1倍になるという研究も出ています。


盲腸の症状とは?

盲腸の経験者373人にアンケートを実施したところ、
お腹全体の痛みから右下腹部へ
痛みが移動したとの意見が半分以上を占めました。

虫垂にはにぶい神経と鋭い神経2つが通っていて、
まずはにぶい神経が反応し、お腹全体の痛みに感じます。
その後鋭い神経が反応し、
そこで初めて虫垂が痛いことに気がつく。
そのため痛みが移動するように感じるとのことです。

痛みが移動している感じがあったら
早めの受診がおすすめです!



盲腸(虫垂炎)を防ぐ方法

盲腸(虫垂炎)を予防できたら嬉しいですね。

実は、2000人を対象にした調査で、
食物繊維を多くとっている人は、
そうでない人より盲腸(虫垂炎)になりにくいという
結果が出たそうです。

実は盲腸(虫垂炎)の最大の原因は、
消化物(うんち)が固まり、
虫垂をふさいでしまうことだと
考えられています。

ということは、少なくとも腸の環境を良く保とうとすることは、
盲腸(虫垂炎)を予防することにもつながる可能性があります。

海藻類や野菜など、食物繊維が豊富な食材を
バランスよく取り入れた食生活を心がけてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ