【あさイチ】あかもくは花粉症改善やダイエットにも期待できる!

2017年3月14日放送のNHK「あさイチ」は
「スーパーフード・アカモク」

花粉症改善や
脂肪燃焼効果が高くダイエットにも期待できる
あかもくについて紹介!

スポンサードリンク

スーパーフードのアカモク

花粉症の季節。

今年は花粉の飛散量が例年の1.2倍、
西日本では4~11倍にもなる地域があるそうです。

けれども、そのつらさがすっきりするかもしれない
スーパーフードがあります。

それが、アカモク(ギバサ)!

アカモクの産地として有名な岩手県山田町。
アカモクはひじきの仲間で、旬は3~5月。

全国の沿岸で採れる海藻です。
実は、最近急激に人気が出てきているそうです。

特徴は、海藻の中でも特に強いと言われるネバネバ感と
それでも失われないシャキシャキ感。

栄養も豊富で、食物繊維はもちろん
各種ミネラルは、海藻の中でもトップクラスの含有量を誇ります。

卓球の福原愛さんも海外遠征に
必ず持参するほど大好きなんだとか。

山田町の漁師さんによると、
アカモクを食べるようになってから
花粉症が改善されたそうです。


あかもくに花粉症の症状を和らげる効果

もちろんその効果は
研究でも裏付けが進んでいます。

愛知県春日井市の中部大学は、
花粉症の症状を和らげる効果を研究しています。

長年、花粉症やアレルギーと食品との関係を専門に
研究してきた林京子さん。

林さんは、花粉症のマウスにアカモクの煮汁を飲ませると、
わずか3日後、症状の度合いが3分の1にまで軽減したのです。

花粉症は花粉に対する過剰な防御反応です。

スポンサードリンク

アカモクに豊富に含まれるフコイダンが直接、
腸の免疫細胞に働きかけ、
逆に花粉に反応しないよう、症状を抑える物質を
増やしてくれると考えられています。

まだ、動物実験の段階ですが、
林さんによればここまで効果が出た食品は
ほかにないそうです。

では、毎日どのくらい食べれば
効果が期待できるのでしょうか。

花粉症の改善には1日の摂取量の目安は、0.3gほど。

熱を加えても効果はあるので、いろいろな料理に使えます。



あかもくにはダイエット効果も

あかもくには花粉症だけではなく、
女性にうれしいパワーもあるんです。

発見したのは北海道大学教授、宮下和夫さん。
アカモクにはダイエット効果があるのです。

実は、アカモクに含まれる赤い色素、
フコキサンチンには脂肪の燃焼をアップさせ
代謝がよくなるといううれしい力があるのです。

90kg台の女性150人にフコキサンチンを
4か月とり続けてもらったところ、
体脂肪が、平均で15%も減少したことが確認されています。

アカモクにはわかめのおよそ2倍、
昆布のおよそ6倍のフコキサンチンが含まれています。

最近、このフコキサンチンには
これまでの常識を覆すすごいパワーがあることが
分かってきました。

ふだん、脂肪の燃焼は褐色脂肪細胞という
僅かしかない細胞の働きかけに頼っています。

しかし、フコキサンチンはその褐色脂肪細胞と
同じような細胞を体に増やすことが分かったのです。
つまり、脂肪が燃えやすい体になるのです。

この燃焼パワー、旬のものほど効果が高いそうです。

旬の春のアカモクはフコキサンチン量が3倍以上
多いそうです。

ただ、1つ注意点があります。

フコキサンチンは食べて1日でなくなってしまうので、
あかもくは毎日継続して食べることが大切。

ダイエット効果を期待するには
1日10gの摂取がおすすめです。



まとめ

あかもくのレシピ↓
【あさイチ】あかもくのレシピ!中国風親子丼&中国風生アカモクソース!3シェフNEO

【あさイチ】あかもくのレシピ!かきあげ&ごま酢あえ!3シェフNEO

【あさイチ】あかもくのレシピ!パスタ&カルパッチョ!3シェフNEO

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ