【あさイチ】愛媛名産の干し油揚げ(松山あげ)

家事えもんの油揚げ詰め焼き

2017年3月16日放送のNHK「あさイチ」の「ピカピカ☆日本」は
「愛媛名産!魔法の食材“干し油揚げ”」

干し油揚げのアレンジレシピなどを紹介!

スポンサードリンク

愛媛県伝統の食材「干し油揚げ」

干し油揚げは別名「松山あげ」「からあげ」などの名前で
愛媛の名産品として、全国にも出荷されています。

干し油揚げは普通のものと比べると
色が薄く、水分も3%で普通の油揚げの十分の一。

サクッとした食感が特徴です。
サクサクの秘密は原料の豆腐にあります。

油揚げに使う豆腐は厚さ1.5㎝ほどに比べ、
松山あげは3㎜ほどしかありません。

薄い豆腐をさらに圧縮して水分を抜き
油で揚げると独特の食感が生まれるとのこと。


干し油揚げは実は偶然の産物でした。

スポンサードリンク

油揚げを製造しているときに、
最後の余りものをたまたま揚げたのがおいしく、
そこから商品の開発が始まったそうです。

干し油揚げは意外なところでも活躍していました。

昭和31年に始まった南極観測隊で、
大きな課題が長期滞在の食料の確保でした。

そこで重宝されたのがおいしくて保存性の高い
乾物、松山の干し油あげだったのです。



干し油揚げのアレンジレシピ

干し油揚げは、保存期間も約90日と長く
油抜き不要なため、料理に簡単に使え
ぐっとコクを加えてくれます。

・干し油揚げピザ
サクサクの食感を生かしたピザ。

干し油揚げを生地にしたもので、
おやつ感覚で食べられます。

・鯛飯+干し油揚げ
松山と言えば鯛めし。

・干し油揚げ丼
鶏肉に代わりに干し油揚げを使います。

・地ダコとエビのあげ衣
たこの入ったエビのすり身を干し油揚げで包んで揚げた
人気の定番メニュー。

料理人の方も「干し油揚げは色々な料理に使えて
重宝しています!」と話していました。



スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ