フジ バイキング!長谷川りえ先生の時短!簡単!節約レシピ!鶏つくね丼

鶏つくね丼

2016年月日放送のフジ バイキング!「坂上忍の時短!簡単!節約!晩ごはん」で作っていた『鶏つくね丼』のレシピを紹介!

今日の先生は
モデルと同姓同名の長谷川りえ先生

お弁当の達人です。
大人も子供も喜ぶお弁当やをはじめ簡単おかずのスペシャリスト。

作業時間15分

鶏つくね丼のレシピ


【鶏つくね丼のレシピ】

鶏つくね丼

冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもピッタリ!

『材料』(1人分)

鶏ももひき肉→ 200g
ニラ→ 25g
赤パプリカ→ 20g
塩→ 少々
醤油→ 少々
片栗粉 →大さじ1と1/2
卵黄→ 1個


砂糖→ 大さじ2
醤油→ 大さじ3
みりん→ 大さじ1

ブロッコリー→ 1/4株
ごはん→ 茶碗1杯
刻み海苔 →適量、
卵黄 →1個

【スープ】
中華スープの素→ 大さじ1
レタス→ 2枚
(お好みでラー油)

スポンサードリンク

『作り方』
1.小鍋に900mlの湯を沸かす。ニラとパプリカはみじん切りにする。
ピーマンやパプリカは内側から切る。(果肉がつぶれないように)
ブロッコリーは子房に切り分ける

鶏つくね丼

2.肉ダネづくり
ビニール袋にAを入れ手でよく混ぜる。

野菜が多いと冷めても柔らかい→お弁当のおかずにもぴったり

3.ビニール袋の端を3cmほど切り楕円に成形して、沸騰した湯に絞り出すように入れる。
焼くよりゆでる方が時価短縮でき、焦げつく心配もない。
ブロッコリーを加えて茹で、火が通ったらザルに取り出し水気を切る。

水分を切った分 あとでたれがよく染み込む

鶏つくね丼

4.小鍋に中華スープの素を入れ沸騰したらレタスを入れて火を止める。

5.ゆで汁でスープづくり。
中華スープの素とレタスは食べやすい大きさにちぎって入れればスープのできあがり。
ラー油をかけてもいそうです。

ゆで汁に肉・ニラの旨みが入っているので味付けは中華スープだけでo.k

スープ

6.タレづくり。
フライパンにBを入れて中火にかけ、つくねを入れる。
タレにとろみが付いて殆どがつくねに絡む程度になったら火を止める。

7.器にごはんを盛り、刻み海苔を乗せ、つくねにタレを絡ませて放射状に乗せる。
ブロッコリーと卵黄を添えれば鶏つくね丼のできあがり!

感想

鶏つくねは焼くとばかり思っていましたがゆでるんですね。
ゆで汁もスープになるのでいいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ