【ヒルナンデス】本間朝子先生のプチ手間マイナス5分時短家事!

収納した部屋

2017年3月16日放送の日テレ「ヒルナンデス」で、
「プチ手間で家事の時間をもっと短く!
お悩み解消!時短テクニック」

知的家事プロデューサーの本間朝子先生のお宅で
「時短家事」を教えてもらいます。

スポンサードリンク

本間朝子先生

知的家事プロデューサーの
本間朝子さんは雑誌クロワッサン、ESSE、
テレビなどで活躍。

時短テク満載の著書も話題の家事効率化のプロ。

今日は時短に役立つアイテムを
本間さんが教えてくれます。



チャック付き保存袋 七変化活用法

【1枚ずつ取り出せる!「ポリ袋入れ」】

冷蔵庫を見ると保存袋が取り付けられています。
中にはスーパ―など
でもらうポリ袋が入っています。

半分に折ったポリ袋を入れ
真ん中に穴を開けると簡単に取り出せます。

冷蔵庫などに貼りつけておくと便利!


【捨てて帰れる!「保冷剤代わり」】

保存袋を二枚重ね、内側に水を入れて
それぞれチャックを閉じます。
冷凍庫で凍らせれば、保冷剤が完成!
これからの季節お花見やピクニックに大活躍。

ポイントは中の袋を閉じたら内側に折り込むと
溶けてもこぼれにくい。
中身は水なので、帰りは溶けた水を捨てられます。



【弁当箱を汚さない!「サンドイッチ入れ」】

サンドイッチを弁当箱に入れる前に保存袋に入れると、
弁当箱が汚れず、さらに密閉するのでパサパサになりにくい。



【省スペースで時短!「もみ洗い&つけ置き」】

保存袋に汚れたふきん、水と洗剤を入れて
チャックをしっかりしめて袋の上からもみ洗いします。
手が濡れないので手荒れ防止になります。

漬け置きも袋を使うと省スペースに。
ふきん以外にも靴下や小物洗いにも便利。


スポンサードリンク



【もう絡まない!「アクセサリー収納」】

小さいサイズのチャック付きの保存袋にネックレスなどの
アクセサリーを収納します。
その際に袋の口にちょっとだけアクセサリーの端を出し、
チャックで挟めば鎖が絡まなくなり、
取り出すときもスムーズです。



【手軽に簡単!「衣類の圧縮袋」】

かさばる衣類を保存袋に入れ、
少しだけすき間を開けてチャックを閉じます。
クルクルと巻くように圧縮し、
空気が抜けたら素早くすき間を閉じるだけ!
たったこれだけで衣類が圧縮できちゃいます。

ほかにも手袋やマフラーなどの冬小物の収納にも便利。



【中身を書いて収納!「タイツや肌着の仕分け」】

タイツやレギンスなど、見分けがつきにくいものを
名前を書いた保存袋に入れて収納しておくと困りません。

肌着などの仕分けにも便利。

 

玄関にほうきを置く

玄関にほうきを置くいておけば、
すぐに掃除が出来るのでキレイな状態をキープしやすい。

けれども出しっぱなしのほうきはみっともない。

そこで達人オススメは、
使わないときには穂先をしまっておける「立つほうき」
出しっぱなしでもスタイリッシュ。

立つほうき(カインズ) 1,280円(税込)

また、玄関掃除を週2回(燃えるゴミの日)
と決めておけば、すぐにゴミに出せます。

また、玄関のゴミをチラシなどに集め、
そのまま燃えるゴミと一緒に出せばOKです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ