【サタデープラス】大分県 川津食品のゆず胡椒のお取り寄せ!唐揚げのレシピも

鶏肉、から揚げのレシピ

2017年3月18日放送の「サタデープラス」の「最上級プラス」は
川津食品謹製の「ゆず胡椒」。

どんな料理に合うのかも調査も。
絶品ゆず胡椒唐揚げのレシピも紹介!

スポンサードリンク

最上級の調味料:川津食品謹製のゆず胡椒

全国各地には、食材の味を最上級に引き立てる
極上の調味料が数多くあります。

番組では、そんな各地のご当地調味料の産地を訪ね、
その土地でどのように使われているかを調査します。

今回は大分県日田市にある老舗食品製造会社、
川津食品謹製の「ゆず胡椒」。

大分県日田市は、山に囲まれた自然豊かな地域で、
愛媛や福岡と並んで柚子の一大生産地。

ユズを使って生まれた調味料がゆずこしょう。

柚子胡椒を全国に流通させたのが
創業56年の老舗川津食品。

【最上級ポイント①】
1日1万個の柚子を手作業で剥く。
 

機械を使うと皮に含まれる香り成分が出てしまうため
1つ1つていねいに柚子の皮を手剥きしています。
 
【最上級ポイント②】
3種類の成熟度の違う柚子の皮をブレンドし、
豊かな香りを生む。
コクも深まります。
 

塩漬けした柚子の皮と唐辛子を混ぜ、
すりつぶすことで味良く風味豊かな粒柚子胡椒が
完成します。
 



スポンサードリンク



どんな料理にあう?

一般的には柚子胡椒はお鍋の薬味として使いますが、
地元では、どのように使われているかを調査。 

・クリームシチューにプラス
川津食品の社長さんのおススメ。
普通のクリームシチューがおかずから
つまにになるとのこと。
辛味がシチューに溶けることで深いコクが出るそうです。
 
 
・味噌汁にプラス
あるお宅では米と麦の味噌をブレンドし、
いりこでだしをとったおみそ汁にプラス。
 
 
・日田やきそばにプラス
日田やきそばは観光客にも大人気の
ご当地グルメ。
日田やきそば「三隈飯店」さんに
作ってもらいました。
 
日田やきそばは、麺がパリパリになるよう
油多めで焼くのがが特徴。

甘みを抑えたさっぱりとした
特製のウスターソースで味付け。

もやしたっぷり、
アツアツの日田やきそばにプラス。

油ものにも相性ばっちり!
さっぱり食べられます。
 
 
・唐揚げにプラス

【柚子こしょうの唐揚げのレシピ】

『材料』(2人前)
鶏もも肉→    1枚
酒→       大さじ1
濃口醤油→    大さじ1
小麦粉→     大さじ2
卵→       1/2個分
柚子こしょう→  小さじ1
片栗粉→     適量
揚げ油→     適量

『作り方
1.鶏もも肉は筋を切り、一口大(30g)に切る。

2.酒、濃口醤油、柚子こしょう、溶き卵を入れてよく混ぜ、
①をからめる。
小麦粉となじませ10分ほど置く。

3.片栗粉をまぶして、170度の油で
約3分ほど揚げたらできあがり!

※番組では鶏もも肉をしょうゆ、おろししょうが、
おろしニンニク、ゆず胡椒で揉み込んで
片栗粉をまぶしてカラッと揚げるといっていました。

さらに食べる時にも柚子胡椒をプラス

大人のから揚げに!



川津食品のゆず胡椒の購入

ゆず胡椒は楽天などで購入できます。

番組で紹介された柚子こしょう(青)



柚子こしょう(赤) もあります。

赤唐辛子を使って造られた柚子こしょう。

柚子こしょう(青)より辛味の効いているのが特長。
完熟した原材料を使用している為、
まろやかな味と香りに仕上がっています。



まとめ

この日のサタプラの記事↓
【サタデープラス】カゴメトマトのレシピ!サバ缶トマトパッツァ

【サタデープラス】トマトの健康効果!おいしくなる裏技も!カゴメ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ