【シューイチ】顔面の筋膜リリースでしわ、たるみの改善!

体操

2017年3月19日放送の「シューイチ」で「中山のイチバン」は
「筋膜リリース」が取り上げられました。

竹井仁先生の顔面筋膜リリースなどを紹介!

スポンサードリンク

筋膜リリース

肩こりや腰痛などによいとされ
あちこちで紹介されている筋膜リリース。

筋膜とは、筋肉と皮膚の間にある薄い膜のこと。

他の組織を取り除いても、
筋膜だけで人の形が残ると言われていて
第二の骨格と呼ばれています。

筋膜は全身でつながっているので
足の筋膜の歪みが原因で、
肩こりが起きることもります。

ストレッチや揉みほぐしをしても、
一時的に解決するだけで筋膜の修正にはなりません。

「筋膜リリース」で筋膜のねじれを改善することで
解消されていきます。

シェー筋膜リリース、L字筋膜リリース
見返り筋膜リリースはよく紹介されていますが、
しわ、たるみの効果が期待ができる
顔面の筋膜リリースも教えてくれましたので
先に紹介します。


顔面の筋膜リリース

【顔面の筋膜リリース】

顔の筋膜をときほぐします。

1.椅子に座って胸の高さまで肘を上げ、
両手の指先を合わせる。

2.肘が直角になるように腕を横に開く。
※後ろの肩甲骨を意識して肘を動かさない。

3.あごを引き、10秒キープ。
肩甲骨を意識して肘を下げない。

4.腕を上げたまま舌を出して斜め上に突き出し10秒キープ。

5.舌を戻して口角を上げてにこっとして10秒キープ。

6.口角を上げたまま目と口を大きく開き10秒キープ。



スポンサードリンク



筋膜リリース体操

【シェー筋膜リリース体操】

横の筋膜のつながりをほぐします。

1.右手をテーブルなどにつき、
左足を右足の前に交差する

2.右手をテーブルに付く。

3.左手をあげると同時に右に体を倒す

※身体をひねらず真っ直ぐ横に倒す

4.反対側も同様に行う。

30~90秒を目安に行う

人によって筋膜が張っている部分が異なるので、
張っている部分に気付いたら
そこを重点的に伸ばすようなイメージで。

注意点
交差した足が浮かない
上半身をねじって倒さない



【L字筋膜リリース】

体の背面、かかとから後頭部の筋膜のつながりをほぐします。

1.両足を肩幅に開いてテーブルの前に立つ。

2.股関節を中心に、机に両手を置き前に滑らせる。

30~90秒を目安に行う

L字筋膜リリース

注意点
上半身と下半身が直角になるようにお尻の位置に注意。
背中をそらせたり、丸めたりしないようにする。

ポイント
痛みを我慢せず頑張らない
無理をせず、息もとめない。



【見返り筋膜リリース】

ななめの筋膜のつながりをほぐします。

1.机に右手をつき、左足を前に出して膝を軽く曲げ、
後ろの足は真っ直ぐ伸ばす

2.腰が反らない角度で左手を上に伸ばし、30秒キープ

筋膜見返り

3.そのまま上半身を左に回しさらに30秒キープ。

筋膜見返り2

4.机に右ひじをつき、さらに上半身を左に回し30秒キープ。

筋膜見返り3

5.反対側も同様に行う。

注意点
かかとが浮いたり、膝を曲げたりしない。
机についている手は後ろに下げない。

中山秀征さんの前屈
筋膜リリース体操をする前-18cm
筋膜リリース体操後は-6cmに!



【金スマ】肩こりも腰痛も軽くなる筋膜リリース !やり方・方法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ