【林修の今でしょ!講座】認知症予防の睡眠編!ブレインHQゲームも

枕、睡眠

2017年3月21日放送の「林修の今でしょ!講座」の
「最新予防法で認知症は食い止められる!
歩き方&食事&睡眠法!最新検定2017 」

ここでは睡眠編の紹介!

認知症予防の効果がある
ブレインHQというゲームについても。

スポンサードリンク

認知症予防は早期から

記憶力が低下しはじめるのは30代から。
50~60代になると一気に下がってくるとのこと。
認知症予防は早期から始めるのが重要。

歩き方、食事、睡眠のうちここでは
睡眠の問題。

認知症予防2017!睡眠編

第8問「毎日『?』の昼寝をする人は
認知症の発症リスクが5分の1になった」。


正解は「30分」。

30分以内の短い昼寝は認知症予防に効果があるが、
1時間以上の昼寝は認知症のリスクを上げてしまう。



第9問「認知症の予防に効果的な夜の睡眠時間は?」



正解は「7時間」。

海外の研究で、6時間未満の人、7時間、8時間以上で
認知症の発症リスクが一番低かったのが7時間でした。

30分以内の短い昼寝は、
睡眠不足によるストレスをかなり減らします。

人間はそもそも起床から約8時間後に
一度眠くなるという体のリズムがあるそうです。

眠気を我慢するとストレスがかかり
神経細胞を弱らせてしまう。
なので、短い昼寝で脳のストレスを軽減することが大事。

しかし1時間以上の昼寝だと、
認知症のリスクが上がってしまう。
10分だけ寝ても夜の睡眠に影響はないが、
昼寝し過ぎると夜の睡眠に影響が出てしまうため。

部屋を暗くしたり、パジャマに着替えたりせずに
ソファで30分ほどウトウトするような軽い眠りが
効果的な昼寝。

スポンサードリンク

オススメの昼寝タイム
・起床から8時間以内
・朝7時起床の場合は午後3時ごろまでに
30分だけ昼寝。



第10問「認知症予防テスト」。

画面にあるものの1部分のシルエットが
でてきてそれが何かを当てるクイズ

全体像を想像することで脳が刺激され
認知症予防になります。

認知症予防薬は開発されるのか!?

国立循環器病研究センターの発表によると、
脳梗塞の再発予防薬が認知症の進行予防にも
有効だといいいます。

昨年から臨床試験が開始されており、
2021年度の実用化の見込みとのことです。



ブレインHQ

ブレインHQというゲームを紹介。

昨年の国際会議で、認知症予防に高い効果があると
発表されました。

ブレインHQをやっていたグループと
やっていなかったグループを比較したところ、
やっていたグループで48%認知症のリスクが
減少したとのこと。

ブレインHQは画面に表示される車の種類と
標識の位置を当てるゲームです

認知症の発症リスクが下がる理由は

①注意・集中力を試す

②視空間能力(方向感覚)を試す

注意と視空間能力を脳の中で同時に行うことで
脳の神経細胞が刺激されて結果的に
認知症の予防になります

脳を鍛えるゲームは週2~3回行うのが良いそうです。

ブレインHQはネット(タブレット、スマホでも可能)
で体験版ができるそうです。

ブレインHQ



まとめ

この日の林修の今でしょ!講座の記事↓

【林修の今でしょ!講座】認知症予防の睡眠編!ブレインHQゲームも

【林修の今でしょ】認知症予防食事編!カマンベールチーズ&ビールほか

【林修の今でしょ】認知症予防に有酸素運動でBDNF!コグニサイズ&スワヌ法も

【林修の今でしょ!講座】名医が教えるスーパー記憶脳(暗記力)の育て方ベスト3!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ