【その原因Xにあり】老眼を治す遠近両用レーシック手術!費用も

視力回復

2017年3月24日放送の「その原因、Xにあり!」で
「老眼」がとりあげられました。

老眼を治す遠近両用レーシック手術について紹介!

老眼とは?

50歳以上の8割が悩む「老眼」。
もう治らないとあきらめていませんか?

しかし手術で改善できると冨田実先生はいいます。

冨田実アイクリニック銀座院長の冨田実先生は
アメリカでもその実績が認められた名医で
10万件以上の眼科手術執刀経験があります

老眼とは、レンズの働きをしている
「水晶体」の動きが年齢とともに悪くなり、
狭い範囲内でしかピントが合わなくなってしまうこと。

「近くの視力がまず下がって、
そのあと遠くの視力が下がる。
元々目が良かった人が、
遠くも近くも見えなくなってくる
ケースが多い」と冨田実先生はいいます。

図解 40代からのレーシックで視力回復


スポンサードリンク



老眼を治す遠近両用レーシック手術とは?

「老眼外来」では、どうやって老眼を改善させるのか?

「冨田実アイクリニック銀座」では、
「遠近両用レーシック手術」で
老眼を治療するといいます。

「遠近両用レーシック手術」とは、
角膜の表面をレーザーで削り、
表面の形を変えることで視力を回復する
手術のことです。

レーザーで角膜に凹凸をつけることで
遠くも近くも見える、いわば遠近両用メガネを
目の中に作るのだといいます。

使用する機材は「アマリス1050RS」で、
最も世界で早いレーザー
1秒間に1050発レーザーを発射。

この高度なレーザーを使うことで
手術の精度も格段にアップしたのです。


遠近両用レーシック手術の様子

実際の「老眼外来」の治療に密着

新聞の文字も読めないほどの老眼に悩む
61歳の女性の手術に密着。

目薬で部分麻酔をし、角膜にレーザーを当てる。
角膜にレーザーを当てたのはたった6秒。
手術時間は10分程度。
これだけで手術は終了。

※事前の検査などに別途時間がかかります。

30分後、様子を聞いてみると、痛くもなく
メガネ無しで新聞の文字が読めるといいます

※視力が落ち着くまでの時間は個人差があります。

気になる費用は、両目で46万8千円(税別)。
保険の効かない自由診療のため
保険は適用されないとのこと。

しかし遠近両用レーシック手術わずらわしい老眼と
おさらばできるかもしれません。

冨田実アイクリニック銀座


まとめ

この日のいびきについてはこちら↓
【その原因Xにあり】女性に多いいびきの治療法!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ