【サタデープラス】健康な県民食!香川県のタコ飯のレシピ&愛知県の味噌ほか

免疫力UPにタコキムチ丼

2017年3月25日放送の「サタデープラス」のドクタープラスは
健康ピンキリランキング特別編

脳卒中になりにくい県1位の香川県
糖尿病になりにくい県1位の愛知県
肥満になりにくい県1位の三重県の
県民食を紹介!

スポンサードリンク

健康ピンキリランキング特別編

これまでに特集してきた健康ピンキリランキングの中から、
ベスト1に輝いた県の生活習慣を探ります。

1.脳卒中になりにくい県1位、香川県民が愛する海の幸とは?
2.糖尿病になりにくい県1位、愛知県民の朝の習慣とは?
3肥満になりにくい県1位、三重県民が愛する食物繊維の王様とは?
健康な県民食を徹底調査!

脳卒中になりにくいランキング1位:香川県

脳卒中になりにくいランキング
3位:京都府
2位:奈良県
1位:香川県

そもそも脳卒中は、脳血管がつまったりやぶれたりする病気。
がん、心疾患、肺炎に続く死因で「険で身近な病。

香川県は日本一面積が狭く、医療機関が点在しているので、
脳卒中患者を速やかに治療することが可能です。

そして香川県は「自転車保有率ランキング」でも
第4位です

自転車の健康効果は、有酸素運動で、
善玉コレステロールを増やすことが期待でき、
動脈硬化予防にもつながるそうです。

そして、香川県民が愛してやまない健康食材が「タコ」です。

“タコ”に含まれる栄養素「タウリン」は、
多くの栄養ドリンクに配合される代表的な成分。

一般的には滋養強壮ですが、
コレステロール値や血圧を下げる効果があり、
脳卒中予防の効果が期待できるとの研究もあります。

中でも漁師さんが実践する“生から炊くタコ飯”は、
栄養価を最大限に生かす事ができるとのこと。

タコに含まれる“タウリン”は水溶性のため、
ゆでると溶け出します。

そこで、生のままお米と一緒に炊くことで、
溶け出したタウリンも吸収することができるのです。



漁師流タコ飯のレシピ

 

【漁師流タコ飯のレシピ】

『材料』(タコ飯3合分)
タコ→     150g
しょうゆ→   大さじ2.5
酒→      大さじ1
みりん→    大さじ1
塩→      適量
お米→     3合(お好みで、もち米を入れても良いです)

『作り方』
1.タコを洗い、切る
活タコ、生タコの場合、ぬめりを塩でよく揉み、洗い流す
※ぬめりが取れるまで繰り返す

ぬめりが取れたら、お好みの大きさに切る
※ボイルタコの場合は、お好みの大きさに切る

2.お米を洗い、炊飯器に米、調味料を入れる

3.切ったタコを入れ、水加減を3合に合わせて炊き、
炊きあがれば完成です。



糖尿病になりいくいランキング1位:愛知県

糖尿病になりにくいランキング
3位:滋賀県
2位:神奈川県
1位:愛知県

愛知県民の朝の習慣とは“喫茶店のモーニングサービス”。
習慣になるほどの人気の秘密は値段の安さ。

コーヒー代だけでパンやゆで卵、スープなどが
サービスでついてきます。

番組で紹介されたモーニングが食べられるお店
・「GREEN GRILL(グリーングリル)」
住所:愛知県一宮市浅井町大日比野清郷95-3

・「すばる珈琲」
住所:愛知県一宮市宮地1-1-5


でも、モーニングと糖尿病にはどんな関係が?

朝食を食べることでセカンドミール効果が期待できます。
 
セカンドミール効果とは、朝食を食べることで
昼食以降の血糖値が是正されるのです。

規則正しく3食食べることが糖尿病予防につながります。
 
さらに糖尿病予防におススメの飲み物がブラックコーヒー。
 
コーヒーに含まれるクロロゲン酸が
インスリンの効き目を高めると言われています。
世界中では400以上の論文が発表されているとのこと。

 
ブラックが苦手な場合はミルクを少量入れてもいいのですが、
砂糖は入れない方がいいということです。

スポンサードリンク

また。愛知県が愛してやまないのが“味噌”

味噌には「メラノイジン」という抗酸化物質が
多く含まれています。

「メラノイジン」は糖分の消化吸収のスピードを遅くし、
食後の血糖値の上昇を抑える働きがあるとの研究も。

そのメラノイジンは味噌の色が濃いほど豊富。
なので名古屋で使われる赤みそには
豊富に含まれています。



肥満になりにくいランキング1位:三重県

肥満になりにくいランキング
3位:石川県
2位:岐阜県
1位:三重県

メタボ体型は心筋梗塞や通風、腰痛など
まさに万病の引き金。

三重県民が健康のために食べている、
最強の肥満予防食材は海藻です。

中でも最も食べているのが“ひじき”。

日本の約60%のひじきが
三重県から出荷されています。

そのひじきが肥満防止になるといいます。

その理由は食物繊維。

食物繊維は腸の中の余分な糖質やコレステロールを絡め取り
体内に吸収するのを抑える働きがあるとの研究も。

海藻類は食物繊維の王様といわれ、
中でもひじきは特に豊富です

ひじきについてはこちらでも詳しく紹介しています↓

【サタデープラス】肥満になりにくい県1位の三重県のひじきのレシピ!

ひじきのレシピ

ひじき業者さんおすすめ!
【ひじきとアボカドのサラダ】

ひじきとアボカドのサラダ

『材料』(4人分)
乾燥ひじき→20g
アボカド→1/2個
たまねぎ→1/4個
プチトマト→5~6個
しょうゆ→大さじ2
オリーブオイル→大さじ1~2
チューブわさび→3~4cm

『作り方』
1.乾燥ひじきを水戻しして、
ゆでたら水分をよく切っておく

2.ボウルに、しょうゆとわさびを入れ、
混ぜた後オリーブオイルも加え混ぜる

3.②にカットした具材とひじきを加え、
和えたらできあがり!

※あっさり味でいくらでも食べられるそうです



ドクターおすすめ!
【ひじきの酢の物】

『材料』(4人分)
乾燥ひじき →20g
お好みの野菜(きゅうり、にんじん、しょうがなど)
甘酢(市販のものでもOK)→適量

『作り方』
1.乾燥ひじきを水戻しして、
ゆでたら水分をよく切っておく

2.カットした具材とひじきを甘酢で
和えたらできあがり!

酢の物にすると酢の酢酸でひじきの食物繊維が軟らかくなり、
一緒にコレステロールを体の外に排出してくれる効果があります。



スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ