NHK【ごごナマ 知っトク】渡辺あきこのツナそぼろのレシピ!お弁当に

ツナそぼろのお弁当

2017年4月4日放送のNHK「ごごナマ」の「知っトク!らいふ 」

渡辺あきこさんが駅弁からヒントを得た
「ツナそぼろ」の作り方を紹介!

スポンサードリンク

人気の駅弁

駅弁の始まりは明治18年。
最初はおにぎりにたくあんといった質素なものでした。

今は地域の名産品を使った様々な駅弁が
販売されています。

そこでお弁当作りにも役立つ駅弁作りの工夫を紹介。

北海道のいか飯

1つ目は北海道のいか飯。
外に濃厚なタレ、中の米はさっぱり。
昭和16年ごろから販売され人気の駅弁の1つです。

作り方の工夫として
米ともち米を混ぜたものを詰めています。
米の量は多すぎず、少なすぎず。

いか飯は中の米がさっぱり。

その秘密は
米を詰めたいかをお湯で下ゆでします。
そうすることでいかのうまみを吸いながら
炊き上がるのです。

最後は秘伝のタレでおよそ20分間煮込んだら
いかのうまみとタレが絶妙ないか飯の出来上がり。



牛肉のそぼろ弁当

平成4年、山形新幹線の開業。
注目を集めた駅弁が
牛肉のそぼろを使ったお弁当です。

作り方の工夫とは
そぼろを作るのに余分な脂を落とすため
ひき肉を2~3分下ゆでします。

下ゆでのお湯には砂糖が入っています。

砂糖を入れることでひき肉がパサパサせず
冷めても硬くならないのです。

あとは長時間、煮詰めた秘伝のタレに
肉をさっと煮絡めるだけ。

煮すぎて肉が硬くならないようにするための
工夫です。

山形県名産のお米を使った
牛肉そぼろが入った駅弁の出来上がり。

駅弁作りのちょっとした工夫。
家庭でも生かせそうです。

渡辺あきこさんが
そんな駅弁の作り方からヒントを得たのが
ツナそぼろです。

スポンサードリンク



ツナそぼろのレシピ

【ツナそぼろのレシピ】

ツナそぼろのお弁当

『材料』(4人分)
ツナ(缶詰/油漬け)→ 1缶(140g)

(たれ)
砂糖→ 大さじ2
しょうゆ→ 大さじ1
水→ 大さじ3

『作り方』
1.ツナはザルで油をきる。
ゴムべラでおしてよく切ってほぐす

2.鍋に、砂糖、しょうゆ、水を入れて弱火で
トロッとするまで煮詰める。

※たれをに詰めることによって
味が絡みやすくなる
3.②にツナを入れ、時々混ぜながら
パラパラにほぐれるまで汁を煮詰める。

そのまま冷めるまでおいて
味をしみ込ませたらできあがり。

※冷蔵庫で3日間ほど保存可能です。



冷めてもおいしいお弁当のコツ

・ごはんは柔らかめにたく
・おかずの表面にしっかり味をつける
・余分な肉の脂は熱湯でサッとゆでる



まとめ

ごごナマ&4時も!シブ5時のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ