【あさイチ】アサリとトマトの炊き込みご飯のレシピ!みそ汁も

あさりのおみそ汁

2017年4月12日放送のNHK「あさイチ」は
「5分で砂抜き!旬のあさりを味わい尽くす」

アサリとトマトの炊き込みご飯&
おいしくなるあさりのみそ汁のレシピの紹介!

スポンサードリンク

アサリとトマトの炊き込みご飯の作り方

貝料理専門店の店主、延田然圭さんのレシピ

【アサリとトマトの炊き込みご飯のレシピ】

『材料』(2人分)
あさり→ 15~20個

トマト→ 1個

米→ 2合

水→ 250ml

酒→ 大さじ1と1/2

しょうゆ→ 大さじ1と1/2

『作り方』
1.お米をといでお釜に入れ、水を入れる。
(※アサリとトマトから水分が出るので、
水の量は規定の量より少なめになっている)

2.酒、しょうゆを入れる。

3.トマトを1個真ん中に入れ、
周りに砂抜き済みのアサリを敷きつめる。

4.炊飯器で炊く。

5.炊けたらアサリの殻を外し、
トマトをしゃもじでつぶしながら
全体を混ぜ合わせる。

6.器に盛り付けたらできあがり!

※お好みで、刻んだ大葉をかけたり、
バターを入れてもOK。

※あさりとトマトの組み合わせはとても栄養面でもいい。

あさりには鉄分とビタミンB12が豊富に含まれていて
そこにトマトは鉄分の吸収率を上げるビタミンCが
含まれているので貧血の予防にもなります。



スポンサードリンク



【身がぷりぷりになるアサリの味噌汁の作り方】

『材料』
あさり
味噌

『作り方』
1.鍋に水を入れたら、みそを溶く。

2.砂抜きしたあさりを入れて、火をつける。

3.あさりが1個開いたら火を止めて、
フタをする。

4.2分ほど待ち、すべてのあさりが開いたら、
できあがり。

※火を入れすぎないことが、
身がプリプリになるコツ。



【串アサリのレシピ】

「串あさり」は愛知県半田市亀崎地区で、
江戸時代末から食べられている家庭料理。

殻をむいた生のあさりの身を竹串に6つ刺して、
半日ほど天日で干したものです。

毎年5月に行われる「亀崎潮干祭」にあわせて作られ、
亀崎の人々は、串あさりを天ぷらにしたり、
軽くあぶって食べています。



まとめ

【あさイチ】潮干狩りであさりを簡単に取る方法!

【あさイチ】あさりの冷凍保存方法と殻から身をキレイにとる技!

【あさイチ】あさりを5分で砂抜きする方法!50℃のお湯

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ