【ピラミッドダービー】カラオケで高得点を取る方法!音痴でも90点に

カラオケ

2017年4月16日放送の「ピラミッド・ダービー」の
「カラオケ90点以上いくかダービー」

カラオケの達人”牧野綾子さんが
カラオケで高得点を取るテクニック伝授!

スポンサードリンク

カラオケ90点以上いくかダービー

足は速いが歌が苦手だという西谷綾子さん。

カラオケで100点を取れるテクニックを持つという
“カラオケの達人”牧野綾子さんは
どんな音痴でもちょっとした裏技で
歌ウマに変身させられるといいます。

牧野綾子さん↓

まずは西谷さんがウルフルズ
「明日があるさ~ジョージアで
行きましょう編~」を歌唱。
得点は71点台でした。

しかし、歌が下手でもテクニックだけで
点数がとれるといいます。

ここから2日間で90点を目指す。

高得点を取るテクニック

牧野さんがカラオケで高得点を取る
テクニックを伝授。

3つのポイントでうまくなるといいます



スポンサードリンク



その①抑揚

抑揚は声でつけるのは難しいので、
マイクで抑揚をつけます。

そのやり方は超簡単。
マイクと口元との距離で抑揚をつけます。
マイクの位置を口元から拳2つ分動かすだけ。

西谷さんも実践すると声の強弱がつくようになり、
得点も上がったのでした。


その②ビブラート

カラオケには4つの加点があります。
しゃくり・こぶし・フォール・ビブラート

このうち最も簡単に習得できるのが「ビブラート」

そのやり方は超簡単。

語尾の母音を押し出すようなイメージで
「あ・あ・ あ・ あ・ あ」というだけ。

何度も練習。

そして、歌ってみるとビブラートのマークがついのでした。



その③音程

加点のうち最も重要なのは「音程(画面のバー)」
どおりに歌うこと。

歌に自信のない人は口を大きく開けないで歌うため
音程を低く歌いがち。

牧野さんは笑顔で口角を上げるようアドバイス。
そうすることで音程が上がるといいます。

さらに牧野さんは西谷が伴奏をあまり
聞いていないまま歌っていることを指摘。

大きな声で歌うため
正しい音が聞こえていないといいます。
すこし、小さい声で歌うと
音程がずいぶんと合うようになったのでした。

ここで1日目の練習は終了。
一度お客さんの前で歌ってみたが、
音程はずれてしまった…。
まだ早かったようです。

気を取り直し、2日目も教えられたポイントを
練習し同じ曲を歌い続けたのでした。

2日間で合計14時間。

はたして90点超えたのか?


結果

2日間歌い続けたうち、
ハイスコアを出した歌声を紹介。

西谷綾子さんが「明日があるさ」を歌い続け、
最もよかった得点のは90.185点でした!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ