【主治医が見つかる診療所】若返りにオメガ3のサチャインチオイルのレシピ!

ゴマ油 骨粗しょう症予防

2017年4月17日放送の「主治医が見つかる診療所SP」は
「糖と油を上手に摂って10歳若返る(秘)テク公開」

その中の油について。

不足しがちなオメガ3のとり方を紹介!

スポンサードリンク

この日の主治医が見つかる診療所の記事↓
最強の老化防止オイル ギーのレシピ!

老化の原因の糖化を防ぐにはヨーグルトのホエー


油の種類

油は大きく2種類に分けられます。

常温で個体のものと常温で液体のもの

・常温で個体(脂)
バター、ラード、ギーなど動物性の脂肪
 
・常温で液体(油)

液体の油は成分により
大きく3つに分けられます
・オメガ3
・オメガ6
・オメガ9



【オメガ3】
エゴマオイル、アマニオイル、青魚の油などに
多く含まれる成分。
血管をしなやかにして心筋梗塞、脳梗塞を予防。

食生活の変化で魚を食べる量が減ったため
現代人に不足しがち。
 
【オメガ6】
サラダ油、ごま油、コーン油などに多く含まれ
日常の調理でよく使われています。
 
【オメガ9】
オリーブオイル、菜種油、米油などに
多く含まれています。
 
これらはそれぞれ違う働きがあり、
バランスよく摂ることが大切とされています。
 

油を上手にとって若返る方法
オメガを減らしてオメガを増やす!

オメガ3はうつ、認知症の予防効果があるといわれ
血液をサラサラにし若返りの効果も期待されている油。

テキサス大学の研究チームの調査によると、
オメガ3を摂った人達は脳の萎縮が軽減していたのです。

また、オメガ3とオメガ6は体の中で作ることができないため
外から摂る必要がある(必須脂肪酸)です。
 
 


芸能人の油の摂り方をチェック

今回の検査で油の摂り方に問題があったのは5名中2名。

深刻度2位はDJ KOOさん。
見つかった問題は超悪玉レムナントコレステロール。
岡部先生は動脈硬化が進む可能性を指摘。

普段の食生活をチェックすると
油には気を使っていて
チャーハンにカシューナッツオイルを使うなど
様々な油を使っていました。

しかし、問題は偏り。

オメガ3はゼロ。
オメガ6が3種類、オメガ9が4種類と
オメガ6と9の偏りに原因があっとです。

オメガ3は意識して摂らないと
なかなかとれません。


深刻度1位はカンニング竹山さん。
見つかった問題は超悪玉レムナントコレステロールの
数値34.9で基準値の4.5倍以上。

上山先生は肝機能障害の疑いがあると指摘。

岡部先生はタバコなどをやめ、
オメガ3などを取り入れるといいとアドバイス。

油を上手にとって若返るキーワード
オメガ6:オメガ3の割合は4:1

オメガ6の摂取を減らしてオメガ3の量を
増やすことが大切です。



スポンサードリンク



サチャインチオイルでオメガ3をとる

毎日カンタンに
オメガ3を摂る方法を大公開!

【オメガ3の弱点】
・独特な風味
・長時間の加熱に弱い

その2つの弱点を克服したオイルが
サチャインチオイル!

秋津壽男先生も愛用していました。

【サチャインチオイル】


 

 
サチャインチオイルの原料は
南米アマゾン原産の
「サチャインチナッツ」という木の実
星形の実をつけるのが特徴。

普通は長時間加熱すると
酸化して壊れてしまうオメガ3ですが、
サチャインチオイルは180℃程度であれば
耐えられるといいます。

エゴマオイル、アマニオイルなど
オメガ3には独特な風味があるものが多いですが、
サチャインチオイルにはそれがありません。

小さじ1杯(約5g)で
1日のオメガ3の目標量をクリアできます!

 

サチャインチオイルのレシピ

秋津先生のおすすめは
しょうゆのかわりに納豆にかけ
かき混ぜずに食べること。
 
さらにサチャインチオイルにくわしい
料理研究家のカタコナカムラさんに
イチオシ料理を教えてもらいました。
 
【レンコンとニンジンのきんぴらのレシピ】

 
『材料』 
サチャインチオイル
レンコン
ニンジン
しょうゆ
みりん

唐辛子
白ごま
 
 
『作り方』
1.フライパンにサチャインチオイルを入れ火にかける。

2.薄く切ったレンコン、ニンジンを入れ七分ぐらいまで炒める。
 
3.②にしょうゆ、みりん、酢を加えさらに炒める。
 
4.仕上げに輪切り唐辛子、白ごまをかければ
できあがり!
 


【鮭と野菜の味噌ホイル焼きのレシピ】
 

『材料』
味噌
みりん
サチャインチオイル
 
鮭 
キャベツ
もやし
ニンジン
など好みの野菜
 
『作り方』
1.容器に味噌、みりん、サチャインチオイルを
混ぜ合わせる。
 
2.アルミホイルに鮭をのせ
鮭の上に①をたっぷりとぬる。

3.さらにその上に千切りにしたキャベツやニンジン、
もやしをのせアルミホイルを包む。
 
4.③を魚焼きグリルに入れ、中火で約8分加熱すれば
できあがり!
 

保存方法

オメガ3を多く含むオイルは酸化しやすい。

酸化すると、認知症・動脈硬化の予防効果も
落ちてしまうといわれるため、
長時間の高温の調理は避けて、
保存する場合は冷蔵庫での保存がオススメ。


まとめ

サチャインチオイル
加熱してもオメガ3が壊れないというのはいいですね。

ギーについてはこちら↓
【主治医が見つかる診療所】最強の老化防止オイル ギーのレシピ!

糖化についてはこちら↓
【主治医が見つかる診療所】老化の原因の糖化を防ぐにはヨーグルトのホエー

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ