【林修の今でしょ!講座】油の正しい摂り方検定!エゴマ油・亜麻仁油ほか

体に良い油 えごま油など

2017年4月18日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「油の正しい摂り方検定2017」

サラダ油・アマニ油・えごま油・オリーブオイル
4大油の正しいとり方検定!

スポンサードリンク

4大油の正しい摂り方検定2017

正しく摂れば健康になると今話題の油。

しかし間違った摂り方をすると、
不健康につながってしまいます。

そこで「油」にまつわる疑問や悩みを調査し、
多かった油の疑問を検定問題として出題。

検定問題を作ったのは油のスペシャリスト
守口徹弘先生です。

サラダ油・アマニ油・えごま油・オリーブオイル
4大油疑問解決!
正しいとり方検定。



 ①サラダ油で揚げ物をするとき
体のことを考えると何回まで使いまわしてよい?




正解は
0回

医学的に酸化した油は良くない。

メーカーによっては使いまわしができるという
油もあるそうですが、
基本的に使いまわさないほうがいいとのこと。

サラダ油は、もともとはサラダにかけて食べるために
作られた油。

サラダ油には、熱に弱く酸化しやすい
という特徴があります。

油は熱が加わると酸化し、体に悪い油となります。
油の酸化は、鉄が錆びるのと同じ。

酸化した油は細胞膜を硬くしてしまい、
新陳代謝が悪くなります。

酸化した油を摂り続けると、肌がカサカサになり、
動脈硬化や認知機能の低下にもつながります。

【節約できる油の使い方】
たっぷりの油で揚げるのではなく
フライパンで少量の油で両面揚げると
今まで使っている量の半分ぐらいで
すみます。



 ②オリーブ油は揚げ物にも使って良い?




正解は
使っても良い

オリーブオイルの特性を考えると
揚げ物におすすめ。

オリーブオイルは熱に強い油。

油には、酸化しやすい油と
酸化しにくい油があります。

オリーブオイルは熱に強いため、
揚げ物に最適。

熱に強い油と弱い油には、
簡単な見分け方があります。

【熱に弱い油】
オメガ3脂肪酸(えごま油)や
αリノレン酸(アマニ油)を含む油。

【比較的熱に弱い油】
オメガ6脂肪酸とリノール酸を含む油。
大豆油やゴマ油、サラダ油など

【熱に強い油】
オメガ9脂肪酸とオレイン酸を含む油。
オリーブオイル・米油・菜種油など

加熱調理に向いたオススメの油は、
熱に強く値段も安い米ぬかで作った米油。



 ③品質を劣化させないために
油はどこにしまっておけばいい?




正解は
シンクの下

酸化の条件は熱と空気と光。
光でも酸化してしまいます。

なのでシンクの下は暗くて温度が低く
酸化を防げるオススメの保管場所です

冷蔵庫でもよい。



 ④朝から油っこいものをとると体に良くない?




正解は
悪くない

【油の役割】
・皮膚の保護・再生
・細胞膜の構成
・体内のエネルギー源

使われずに余った油は体内に溜まっていくため、
油物は夜より朝がオススメ。

朝に油をとると活動のエネルギーとして
消費されやすいため、朝に油を摂るのは有効。



 ⑤オリーブ油は種類によって栄養は違う?




正解は
同じ

オリーブオイルの違いは香りや風味などの
品質の違い。

オリーブオイルに入っている
オレイン酸の含有量は変わらない。



⑥ヘルシーなイメージのあるオリーブオイルですが
オリーブオイルのカロリーは
サラダ油より低い?それとも同じ?




正解は
サラダ油と同じ

油のカロリーは全て同じ。
油は全て1g=約9kcalです



 ⑦栄養成分を無駄にしないために
えごま油やアマニ油は加熱して使うとダメ?




正解は
加熱しても良い

熱したフライパンに直接入れるのはNG。
200℃超えてしまい、
油の酸化がどんどん進んでしまいます。

スポンサードリンク

例えば軽く野菜を炒めた後に
えごま油を振りかけて調理したり
スープや味噌汁にかけて食べるのはよい。

それぐらいの加熱(80℃)なら
問題ないとのことです。

1日小さじ1杯程度が目安。



 ⑧認知症予防のためえごま油やアマニ油と
一緒に食べるといい食べ物は?




正解は
にんにく

にんにくに含まれているビタミンB6が、
認知症のリスクを高める成分を減少させます。

しかし、オメガ3脂肪酸が足りている人の方が
足りていない人よりもその効果が期待できるとのこと。

ビタミンB6の他にも、ビタミンB12、葉酸なども効果的。

B12は鮭やしじみ、
葉酸は枝豆・モロヘイヤ
など

えごま油の産地である島根県では、
えごま油を摂りつつ脳トレをすると
どのような効果があるかを調査。

6ヵ月間の調査の結果、
前頭葉の機能改善に有効という結果が出ています。

えごま油の1日の適量は、スプーン1杯程度。



 ⑨えごま油とアマニ油の脂肪燃焼を助ける効果を
最大限に活かすには
運動前に摂る?運動後に摂る?




正解は
運動前に摂る

オメガ3の油は他の油よりも効率的に
脂肪燃焼を助けるという性質があります。

オメガ3の油を日常的にとっている人は、
他の人と比べて体温が高い。

運動する4時間前に飲むのが理想的だとのこと。



マカダミアナッツオイル

守口徹弘先生おすすめの油はマカダミアナッツ油。

マカダミアナッツ油は、
脳卒中の予防に期待できる「パルミトレイン酸」が
含まれています。

マカダミアナッツ油のとり方は
パンにつけたりコーヒーに入れて
飲んだりすると良い。

適量は1日小さじ1杯。



えごま油と亜麻仁油について

えごま油と亜麻仁油の特徴はオメガ3の油。
αリノレン酸を豊富に含んでいること。

αリノレン酸は体内に入ると、
EPAやDHAに変わる。

EPA DHAの効果
・脂肪燃焼を助ける

・動脈硬化の予防

・認知症の予防

脳の細胞が一番良い状態を維持するのが
オメガ3の油なのです。





スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ