【ソレダメ】アボカドが変色しない方法やゆでうどんが美味しくなる方法

アボガド

2017年4月19日放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~ 」の
「日常をより快適にする10個のソレマル新常識! 」

その中から気になったものを紹介!

固まった塩をサラサラにする方法
アボカドが変色しない保存方法
手に付いた油をキレイに落とす方法
茹でうどんが美味しくなる方法

スポンサードリンク

固まった塩をサラサラにする方法

塩が固まって使いづらくなってしまった時は、
マカロニを入れるとサラサラになります。

日本ソルトコーディネーター協会の青山志穂さんによると、
マカロニが塩の水分を取ってさらさらにしてくれます。

昔から炒ったお米を入れると固まらないといわれてますが、
マカロニなら袋から出したままでOK。
さらに表面積が広いので水分を吸収しやすいのです。

カラフルなマカロニを入れると見た目もオシャレに!

塩の容器1個にマカロニ5本をいれるだけ!
2日でサラサラになります。

固まる前に入れておいてもソレマル。
固まりません。


アボカドの変色しない保存方法

残ったアボカドを保存するときは、
そのまま冷蔵庫に入れるのではなく
玉ねぎの切れ端を一緒に入れておくと変色しない!

アボカド料理研究家の緑川鮎香さんによると、
玉ねぎをカットしたときに出る
硫黄成分がアボカドの変色を防ぐという。

アボカドの変色の理由は酸素に触れてしまうから。

スポンサードリンク

切った玉ねぎの断面から出る硫黄成分がアボカドに付着し、
酸化を防いでくれるのだそうです。




手についた油をキレイに落とす方法

ハンバーグなどを作って手に付いた油を落とすには
石鹸ではなく、砂糖を使う!

東京理科大学の川村康文教授によると、
油の分子と砂糖の分子はくっつきやすく、
油が砂糖の方にくっつき手から離れるとのこと。

また砂糖は水にも溶けやすいので、
洗い流すと簡単に落ちるのです。

さらに砂糖なら手荒れの心配もあるので安心。

ピザなどを手で食べた時にもおすすめ。



ゆでうどんが美味しくなる方法

ゆでうどんはそのままゆでるのではなくその前に
電子レンジで加熱するとびっくりするほどコシが出ます。

工学院大学の山田昌治教授によると、
スーパー等で売られているゆでうどんは
水分を多めに含んでいる多加水麺。

これをレンジで5分加熱し、
水分を飛ばして1分茹でるとコシのあるうどんに!

せっかくなのでプロにも食べ比べてもらいます。
うどん天下一決定戦で3連覇を果たした
花山うどんの橋田高明さんが試食。

「うどんのコシが残ってますね。
やってみる価値がありますね」
とコメント

ゆでうどんはゆでる前にレンジでチン!


レモンの果汁を多く絞る方法

レモン果汁を絞るときは、頑張って絞るのではなく
レンジで温めると果汁が2倍出ます!

文教大学の肥後温子元教授によると、
レンジで加熱すると細胞膜が壊れ、
果汁が出やすくなるからです。

また、皮も柔らかくなるので、
道具も使わなくても簡単に絞れます。

温める時間の目安は30秒

すこしの加熱なら
ビタミンCはほとんど壊れないのでご安心を!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ