【世界一受けたい授業】志摩観光ホテルの樋口シェフのレシピ!真鯛のソテー

2017年4月22日放送の「世界一受けたい授業」

「伊勢志摩サミットで世界の首脳をうならせた
ママさん料理長が教える春料理」

その中の”伊勢まだいのソテー豆のフランス風煮込みと
新じゃがのピューレ “のレシピを紹介!

スポンサードリンク

志摩観光ホテルの樋口宏江シェフ

2016年の伊勢志摩サミットで
使われたのが志摩観光ホテル。

このホテルの総料理長・樋口宏江シェフが食事を担当。
オバマ前大統領やメルケル首相らにふるまいました。

そんな樋口シェフが東京農業大学の田中越郎先生と登場。

おすすめの春魚レシピを紹介。

ビタミンEが多く含まれているのが真鯛。
ビタミンEは脳の老化予防に効果があるといわれています。

そしてビタミンCの多いグリーンピースや新じゃがと
一緒に摂るとビタミンEの吸収がアップします。

樋口シェフによると真鯛のウロコをとる時、
ある食材を使うと飛び散りにくいといいます。

それはダイコン。

大根のひげの方を5~6cm斜めに切り、
尻尾から頭に向かって動かすと、
ウロコが大根に刺さって、
飛び散りにくくなります。



伊勢まだいのソテー豆のフランス風煮込みと新じゃがのピューレ のレシピ

【伊勢まだいのソテー豆のフランス風煮込みと新じゃがのピューレ のレシピ】

『材料』 (1人前) 
伊勢まだい70~80g

塩・砂糖(1:1)
 
オリーブオイル
バター
白胡椒
 

(グリーンピースのフランス風煮込み)
バター→約2g

玉ネギ→10g

レタス→約12g

ベーコン→5g

グリーンピース→約12g

チキンブイヨン→約12cc

塩・胡椒→少々

(新ジャガイモのピューレ )
ジャガイモ→25g

牛乳→約7g

バター→約1g

塩・胡椒→少々



スポンサードリンク



『作り方』
1.さばいた真鯛の両面に塩と砂糖(1:1)をまぶして、
8~10分つけて水分を抜く。

その後、水洗いして、キッチンペーパーで水気を取り、
1切れにカットする。

2.グリーンピースを茹でる。
ゆであがったら、冷たいチキンブイヨン125ccに浸す。
 (※グリーンピースが冷めるまで)

3.バターでベーコンを炒め、
ベーコンから香りがでたら、玉ねぎを投入。
塩を少し入れる。

玉ねぎが透き通ってきたら、レタスを入れる。
レタスにも塩、コショウを少々する。

しんなりしてきたら、グリーンピース
大さじ3杯分とチキンブイヨンスープ
大さじ2杯分を入れる。

4.ジャガイモの皮をむいて角切りにしたものを塩ゆでし、
水気をきって、粉吹きにしたものを裏ごしする。

5.鍋に牛乳を入れ沸騰するときにバターが
溶けるくらいの火加減で煮る。

軽く塩、コショウも振る。

バターが溶けて沸騰したところに、
裏ごししたジャガイモを入れる。

6.真鯛をオリーブオイルで中火でソテーし、
コショウを少々する。

7.皮面が焼けたら、オリーブオイルを少し切り、
バターをかけながら身の方をソテー。
 (バターを入れたら火を弱める)

火が通ったら火を止める

8.ジャガイモのピューレ、上の3をのせ、
その上に真鯛のソテーを置き、
最後に、桜の花びら(赤玉ねぎ)を乗せればできあがり!



まとめ

【世界一受けたい授業】うつを予防するふくらはぎ体操(マッサージ)!

【世界一受けたい授業】志摩観光ホテルの樋口シェフのレシピ!アサリのリゾット

【世界一受けたい授業】志摩観光ホテルの樋口シェフのレシピ!真鯛のソテー

【世界一受けたい授業】志摩観光ホテルの樋口シェフのレシピ!ホタルイカのマリネ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ