【世界一受けたい授業】うつを予防するふくらはぎ体操(マッサージ)!

頭痛や風邪の病気の女性

2017年4月22日放送の「世界一受けたい授業」の
「その行動はうつかもしれない!
体験談から学ぶ うつ予防法&克服法 」

うつを予防するふくらはぎ体操を紹介!

スポンサードリンク

うつ病が増えている

うつ病の患者数は2014年に
111万6000人と過去最高となり、
15年で2.5倍にもなっています。

特に40代女性のうつが増えていて、
女性ホルモンの変化や子どもの自立など
環境の変化が大きいそうです。

また、子どものうつも増加傾向にあるといいます。

東洋英和女学院大学・山田和夫先生は、
うつは不治の病ではないといいます。

そんな中、自らうつ病を患った漫画家の田中圭一さんが
うつから抜け出した人の体験談をまとめた「うつヌケ」が
話題となっていて、発行部数は20万部を突破しています。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつ病は、世界の重大な障がいランキングで
2004年には3位だったが、2030年には
1位になると予測されています。


解説してくださるのは山田和夫先生。

要注意な10の兆候

うつ病を経験した243人にうつの兆候について
アンケートを実施した結果、特に重要な
10の兆候が分かりました。

①不眠
②ぐったり疲れる
③気力がわかない
④頭が痛い・思い 
⑤一日中悲しい気持ちになる
 
⑥本・新聞・テレビを見ない
⑦死にたいと思う
⑧動作が鈍くなる
⑨家事・仕事ができなくなる
⑩自分のダメなところばかり考える
 


スポンサードリンク

「うつヌケ」から学ぶうつ病の克服法

【直木賞作家・熊谷達也さんの場合】
元々は中学校の教師で仕事熱心で人一倍の働き者でしたが、
自分の気力と体力の限界を超えていることに気づかず、
ある朝突然起き上がることができなくなったそうです。

そんな時、奥さんの「辛いなら教師やめちゃえば?」の一言が
熊谷さんを救ったそうです。

教師をやめるなんで考えもしなかったことですが、
思い切って仕事をやめたのです。

その後、作家デビューし、
2004年に「邂逅の森」で直木賞を受賞しました。

【大槻ケンヂさんの場合】
22歳でロックバンド「筋肉少女帯」でメジャーデビューし、
バラエティ番組などでも活躍。

しかし人気絶頂にもかかわらず、不安でいっぱい。
“こんなすごい状況が続くわけがない”
時に恐怖感に苛まれ、マイナス思考が膨らみ
うつになってしまいました。
孤独感もありましたが、
仕事で人と接している時はこころが安らいだといいます。

そんな大槻さんのうつヌケのきっかけは、
「森田療法」でした。

日記を書くなどして
自分をありのまま認めようという心の治療法。

【NON STYLE石田明さんの場合】
うつ病の症状に気づいたのブレークし始めた2003年。
レギュラー番組を抱えるなど活躍していたが
「たいして面白いことを言えないのに仕事が増える」と
不安やいら立ちが募り、
ついには高い所に吸い込まれる感覚に悩み始め、
不眠や過呼吸に悩まされたという。

そんな時、ブラックマヨネーズ吉田さんも
同じ症状を抱えていることを知り、
だいぶ楽になり、
周りにも打ち明けられるようになったという。



うつを予防、克服する方法

先生オススメの、うつを予防、
克服するのに効果的な方法は、
「朝起きた時に自分をほめろ」

何でも良いので自分を肯定する言葉、
例えば、「自分大好き!」「自分は最高!」
などの言葉を紙に書く、
口にすると、気分が上がってきます。


ふくらはぎマッサージ

うつになると、
ふくらはぎが冷えて硬くなるそうです。

うつ状態の時にストレスで
自律神経のバランスが乱れると、
ふくらはぎが冷えて硬くなってしまうことが
多いため。

マッサージをすることで
リラックス効果のある副交感神経を刺激し、
改善できることがありまます。

【うつ予防のふくらはぎマッサージ 】

1.椅子に座り、ふくらはぎを反対の膝に乗せる。

2.上の脚を上下に動かす。(こするような感じ)

3.これを左右5回ずつ行う。

寝る前にやると効果的で、
眠りやすくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ