【ハナタカ】行ってよかった日本の世界遺産ランキング!

京都、五重塔

2017年4月27日放送の「日本人の3割しか知らないこと
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」の中の

実際に行ってよかった日本の世界遺産ランキングの紹介!

スポンサードリンク

実際に行ってよかった日本の世界遺産ランキング

実際に行ってよかった日本の世界遺産ランキング

現在日本で登録されているのは20。

去年の7月に文化遺産に登録された国立西洋美術館は
ランキングのデータに入っていません。



【1位→1994年:古都京都の文化財】
※神社仏閣、古き良き日本の町並みが残る京都。
国内外から多くの人々が訪れます。

そんな京都を代表する建造物が
日本一の高さを誇る木造建築、東寺の五重塔。
建立から300年建っても倒れないその建築技術は
東京スカイツリーにも応用されたのだそうです。



【2位→1996年:厳島神社(広島県)】
※海に浮かぶ大鳥居


【3位→1993年:姫路城(兵庫県)】
※日本初の世界遺産に指定


【4位→2005年:知床(北海道)】



【5位→1995年:白川郷:五箇山の合掌造り集落】
※世界遺産の中に宿泊出来るとあって
この数年で外国人旅行者が急増。

豪雪地帯に暮らす人々の知恵が雪が降っても落ちるように
急勾配の屋根を作り出した。
茅葺で火に弱く、
各家々に放水銃を設置し、
防災に備えているのですが
毎年秋に一斉放水が行われ、
風物詩となっているのです。


【6位→1993年:屋久島(鹿児島県)】
※樹齢1000年以上の屋久杉で有名


【7位→1993年:法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)】
※世界最古の五重塔


スポンサードリンク

【8位→1996年:原爆ドーム(広島県)】



【9位→1999年:日光の社寺(栃木県)】



【10位→2013年:富士山-信仰の対象と芸術の源泉-】
※7~9月の2カ月間でおよそ25万人が山頂を目指し
日本人の2割の人が登った事があるという。



【11位→1998年:古都奈良の文化財(奈良県)】
※東大寺など


【12位→2000年:琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)】



【13位→2011年:平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園
及び考古学的遺跡群-(岩手県)】

※中尊寺金色堂など黄金の国ジパングの
きっかけとされる岩手県平泉。



【14位→2004年:紀伊山地の霊場と参詣道】
※世界遺産なのに普通の民家の庭先を
熊野古道が通るため世界遺産の中に立つお宅も存在。


【15位→1993年:白神山地】
※青森から秋田にまたがる広大なブナの原生林が見所。


【16位→2011年:小笠原諸島(東京都)】
※週に1度のフェリーで片道24時間もかかる


【17位→2015年:明治日本の産業革命遺産
製鉄・製鋼・造船・石炭産業】

※軍艦島など



【18位→2007年:石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)】
※当時世界に流通した3分の1を占めたと伝わる
日本銀の多くが掘られた鉱山遺跡。
7その町並みも昔ながらの姿を残すため
自動販売機も木製の枠で囲まれ景観を守っている。



【19位→2014年:富岡製糸場と絹産業遺跡群(群馬県)】

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ