【世界一受けたい授業】ダニ撃退は乾燥機で!洗濯や天日干しでは死なない

枕、睡眠

2017年4月29日放送の「世界一受けたい授業」の中の「科学」

暖かくなってダニが増えてからでは遅い。
今からできる!ダニの撃退法!

スポンサードリンク

ダニとは

今の時期になると増えてくるのがダニ。

実はぜんそくや鼻炎、アトピー性皮膚炎の半分以上は
ダニが原因であるといわれています。

そんなダニの撃退法を法政大学・島野智之
(しまのさとし)先生に教えてもらいます。

ダニはどんな清潔な家にも潜んでいて、
突然アレルギー症状が出るかもしれません。

中にはこんな実例も。
あるアレルギー患者さんが部屋にあることをしたら
アレルギーが治ったそうです。

それは部屋にある布地を全て取り払ったのです。

ダニのすみかは家の中のありとあらゆる布地です。
ダニは布に溜まったホコリが大好き。

そこで、カーペットやカーテンをなくし、
布製のソファーをビニール製に変えたりなど
家じゅうの布を取り払ったところ
アトピーの症状がほとんどでなくなったのです。

とはいっても現実にそのようにするのは難しい。

そこで今回は家庭で簡単にできるダニ撃退法を紹介。

この時期増えるのは”ヒョウヒダニ”。

人間の剥がれ落ちた皮膚やフケを食べて成長し、
そのダニのフンや死骸を人が吸いこんでしまうことで
アレルギーが発症します。
 
実験によると5月にわずか30匹だったダニが
8月には1万匹にまで繁殖。

ヒョウヒダニは1日6個のフンをするので、
8月には180万個のフンが出るということに。
ダニのフンや死骸、すべてが
アレルギーの原因になります。
 
さらにヒョウヒダニをえさとする一回り大きい
ツメダニも急増してしまいます。
 
このように春のダニを放置すると
夏ごろに爆発的に増加し、
アトピー性皮膚炎や鼻炎、ぜんそくになるリスクが
高まってしまいます。
 

アレルギーマーチ

そして、もう一つ気をつけたいのが
子どものころに発症したアレルギー症状が
連鎖する”アレルギーマーチ”。
 
幼少期にダニアレルギーを発症し、
アトピー性皮膚炎に。

治ったと思ったらと小学生のころに気管支喘息、
治ったと思ったら思春期のころに花粉症になるなど
アレルギー症状が次々と増えてしまうのです。
 
そのためまずは幼少期に
ダニアレルギーにならないことが大事です。
 
 


 

家庭でできるダニ撃退法!

 
【家の中のダニが多い場所】
 
【第3位:ソファ】
掃除機がかけづらいので
汗やふけが多く、
ダニの住処になりやすい

【第2位:カーペット】
ふけや食べかすでダニの住処に
 
【第1位:布団や枕などの寝具】
皮膚に触れる時間が長いため、
ダニのエサとなるアカやふけが
大量に集まりやすい。

スポンサードリンク

寝ている間は口も近く、
フンや吸い込みやすいのです。

特に枕は後頭部から多く分泌される
“パルミチン酸”などに
ダニが多く集まるため要注意。
 

さらに子どもがよく触れるぬいぐるみ、
押入れの中の冬服も
湿度が高くなりダニが増殖しやすいです。



ダニを撃退する掃除機のかけ方

掃除機をかける前に
部屋を2時間ほど暗くします。

 
ダニは暗くて人のいない静かなときに
より活発に活動するからです。

部屋が暗くなって表面に出てきたところを
狙って掃除機で吸い取ると効果的。

遮光カーテンで2時間以上部屋を
暗くするのが良いとのこと。


 

枕にすみついたダニを撃退する方法

島野智之先生があるお宅にお邪魔し、
ダニの撃退法を実践しました。

枕を顕微鏡でみると生きたダニがウヨウヨ。

まずは洗濯機で40分ほど回すも、
ダニは80%ほど死んでいませんでした。

更に天日干しをしても、暑さから逃れるために
枕の中に入っていってしましまいます。
枕カバーの裏や枕の中にほぼ100%生きていました。

ダニは洗濯機や天日干しでは死滅しないのです。

最も良い撃退法が乾燥機にかけること。
ポイントは乾燥ではなく熱。

乾燥だけではダニは、なかなか死なないのです。

乾燥実験をすると
湿度を下げればダニの活動をおさえることができますが、
湿度を上げるとまた活発になってしまうのです。

温度実験をすると
45度を超えたとところで徐々に動きが弱まり
50℃でほぼ停止。
完全に死滅したのは60℃でした。
50℃なら30分で死滅します。

乾燥機にかけてやっつけてから
死骸を掃除機で吸いこむのが
最も効果的です。

家の乾燥機にかけられないカーペットなどは
コインランドリーの専用乾燥機でもo.k。
 
ソファなどは乾燥機にかけられないものは
掃除機のかけ方がポイント。

ポイント①
【夜帰宅した直後に掃除機をかける】
部屋が長時間暗く静かなのでソファの表面に
ダニがたくさんいます。

ポイント②
【ゆっくり、縦と横の2方向からかける】
 
ダニを確実に吸い込むには、
半畳のスペースに対し30秒とゆっくりかけます。

そして、縦、横から同じ場所を吸うことで
繊維に絡んだダニを取ることができます。
 
さらにベッドや布団のダニを吸い取る時のポイント。
布団専用のヘッドがないと布を吸い込みかけづらい。

そんなときは使い古しのストッキングを
ヘッドにかぶせてかければ、生地の吸い込みを防げ、
効率よくダニを吸い込むことができます。


ダニを死滅させるには温度が大事。

60℃では一瞬で死にますが、
50℃なら30分ほど維持すれば死滅しするとのことです。





まとめ

この日の世界一受けたい授業の記事↓
【世界一受けたい授業】日本人の体質にあう最強定食!by奥田昌子先生

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ