NHK【ごごナマ】ピカ子の手軽にできるお出かけメイク!

メイク術

2017年5月1日放送のNHK「ごごナマ」の「知っトク!らいふ 」
ピカ子の美人工房。

メイクアップアーティストの
ピカ子さんに手軽にできるお出かけメイクを教わります。

スポンサードリンク

ピカ子さん

引き算メイクの名手
メイクアップアーティスト、ピカ子

いらない工程を省いたメリハリのあるメイクで
ナチュラルな美しさを引き出します。

全国各地で開催されるメイク講座は
常に大盛況。

そのテクニックをたっぷり教えてもらいます。



ピカ子さんの”流行”のメイクでお出かけ

先回、先々回のメイク術はこちら↓
ピカ子の時短メイク!

ピカ子のくずれにくいメイク術!


今日教わるのは、
手軽にできるお出かけメイク。

画像などがないとわかりずらいと思いますが
紹介します。



【簡単お出かけメイク】

①ハイライトでハツラツ肌
光の反射する位置をちょっとずつ上に上げ
て若さとフレッシュネスを作っていく。
これでハツラツ肌に。

シェーディングで立体的に
影を上手に作って理想とされる骨格を作ることで
美人だなって見せていくテクニック。


本日のモデルさんは
すでに下地のメイクを済ませた状態です。
ノーアイランで、1色アイシャドーとリップだけの状態です。


スポンサードリンク



【①ハイライトではつらつ肌】

すでに楽屋でファンデーションと
眉毛を描いてアイシャドー1色。
ノーアイラインにリップだけという状態です。

ハイライトと言っても、白ではなく、
肌色のものを使います。
白だとわざとらしい感じになるため。

柱を作るというイメージで
おでこ、鼻筋、鼻の下と、リップの上と
下のへこんだ所に入れます。

影になると暗く見えるから
少ない光量でも暗く見えないようハイライトを
仕込むとそんなに光が少なくても暗く見えなくて華やかに。

ただ、あごの先端の部分までハイライトを入れてしまうと
あごがきゅっととがって見えるので避けます。

また、目の周りにもおおきく塗ります。

まぶたのくすみとか上手にカバーできてない人が
多いが、光で飛ばすと明るくなるとのこと。



【②シェーディングで立体的に】 

続いてブラウンの色をブラシで乗せてシェーディング。

日本人の肌色は茶色のトーンを間違えてしまうと
本当に女子プロレスラーみたいになってしまう。

まずこめかみに入れます。
ツートーンくらい、これで肌色が
深くなっていきます。

そして、小鼻の下からほお骨をすくうようにして
上につなげていく。

“J”を描くような感じで。

そしてあと、もう1か所。
フェイスラインをしっかり見せたいので
あごの横を少し影を入れていく。

でかけるからというと、
目元をがんばろうとしがち。
でも、こういうことで華やいでいくことが
可能です。

せっかくなのでまぶたの
アイホールのくぼみのところにも入れます。

年を取ると、まぶたの下ふっくらさせたい方も
いると思うんですが
ここをちょっとへこませると目元に陰影がつく。

自然なんだけど頑張ってる感が
全く作らずにできます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ