【林修の今でしょ!講座】毛細血管検定2017!減ってしまう原因や病気との関係

頭痛や風邪の病気の女性

2017年5月2日放送の「林修の今でしょ!講座」の中の
「毛細血管検定2017」。

ここでは毛細血管と病気との関係や
減ってしまう原因について紹介!

東京女子医科大学病院の市原淳弘先生が解説。

毛細血管を増やす方法はこちら↓
毛細血管検定2017!運動・食事・入浴で増やす方法

スポンサードリンク

毛細血管とは?

人間の毛細血管の数は約100億本。

骨と筋肉を除く体の80%は血管と言われ、
その血管の99%は毛細血管です。

血管は大きく分けて動脈、静脈、
毛細血管の3つに分かれます。

動脈は心臓からの血液を送り出す血管で、
静脈は血液を心臓に戻す血管。

毛細血管は、その動脈と静脈の間にあり
細胞に必要な酸素や栄養を与え、
細胞に不要な二酸化炭素と老廃物を回収させます。

毛細血管は、壁細胞という細胞で
外側から補強されて形を維持しています。

周りの細胞に酸素や栄養分を届けるため、
毛細血管には小さな穴が開いています。

しかし、加齢などが原因で、周りを補強する
壁細胞がはがれると、穴から血液が漏れる量が多くなり、
血液を送る量が減り、その状態が続くと
毛細血管自体も消えてしまう。

これがゴースト血管です、

毛細血管は、40代から減りやすくなります。

しかし、最近では若い人でも毛細血管が
ゴースト化している人が増えているとのこと。



毛細血管と危険な病気編

第1問「毛細血管が減ると?が悪くなる」

正解は「薬の効き目」


第2問「毛細血管が減ると?なる」。

正解は「かぜをひきやすくなる」

血液の中にある白血球は、
細菌やウイルスの侵入を防ぎます。

しかし、毛細血管が減ると、
白血球が細菌やウイルスを倒せなくなります。

さらに毛細血管は酸素や栄養、免疫物質の他に
“温度”も運んでいるため、毛細血管が減ると
冷え性になりやすくなります。



第3問「毛細血管が減ると肌の老化に繋がる!
その主な理由は酸素や?が行き渡らなくなる」

正解は「栄養」

健康な肌は毛細血管が運ぶ酸素や栄養を使い
肌の生まれ変わりを行っています。

毛細血管は”水分”も運んでいるが、
肌は酸素と栄養があれば水を生み出します。



第4問「毛細血管が減ると心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がる。
その理由は?から」

正解は「高血圧になりやすい」

毛細血管の血流が悪いと酸素や栄養が行き届かなくなり、
心臓は異常を察知して、より強い圧力で
血液を押し流そうとします。

そして心臓が高い圧力で血液を押し出すと、
血管ではその強い圧力に備えようとして固くなる。

その結果として血圧が上昇し、高血圧になります。

スポンサードリンク

高血圧になると、血管が破裂するリスクが上がり、
脳出血や心筋梗塞に繋がってしまいます。



第5問「毛細血管が減るとリスクが上がる危険な病気は?」

正解は「認知症」

脳は全身の血液の15%を必要とし、
毛細血管が張り巡らされています。

血液の流れが悪くなり酸素や栄養が届かないと、
脳の機能が低下して認知症につながります。



さらに骨粗鬆症や糖尿病も
毛細血管の減少が関係しています。

骨も毛細血管が多く含まれている臓器。
そのため、毛細血管が減ると骨折しやすくなるのです。

さらに毛細血管が減って酸素や栄養素が
全身に届かなくなると、
食事でとったエネルギーが過剰な糖分として
血管に残り、血糖値が上がり糖尿病になってしまいます。

【毛細血管が関係する8つの病気】
かぜ、冷え性、肌の老化、心筋梗塞
脳卒中、認知超、骨粗鬆症、糖尿病



毛細血管が減る原因編

第6問「毛細血管が減りやすい靴は?」。
ぴったりとしたスニーカー?
ゆったりとしたサンダル



正解は「ぴったりとしたスニーカー」。

サイズの合わない靴は、毛細血管を圧迫して
血流を低下させます。

ゴースト血管の原因になるため、
靴は自分のサイズに合ったものが良い。

(合わない)スニーカーで運動し続けると
老廃物が溜まりむくんできつくなるため、
悪循環を起こします。

そのような時は一度靴を脱いで
圧迫から解放することが大切。

ハイヒールもつま先に重心がかかり、
つま先の毛細血管を圧迫してゴースト血管の原因に。

毛細血管の減少を極力防ぐなら、
2時間に1回ぐらいハイヒールを脱いで脚を揉むとよい。

スキニーパンツなど、締め付ける服も毛細血管を圧迫して
毛細血管をゴースト化する原因になります。

体を締め付ける服は毎日着るのではなく、
週に数回くらいにした方が毛細血管には良い。


第7問「毛細血管が減りやすい座り方は?」
猫背?背もたれによりかかる?




正解は「猫背」。

猫背になると血管が曲がり、
全身の血流が低下してしまいます。
基本的には血流の低下が毛細血管を減らすことに
つながります。

猫背になると血管のカーブがきつくなるので
血流が悪くなります

一過性なら良いのですが、続けると血液の巡りが悪くなり、
毛細血管がゴースト化してしまいますす。

脚を組んで座るのもよくない。
膝の裏には脚先まで血液を送る動脈があり
圧迫されると脚先の血流が流れにくくなります。

毛細血管を減らさない座り方は
胸を張って背筋を伸ばして座ることです。



第8問「強くマッサージし過ぎると
毛細血管が減りやすい体のパーツは?」
顔?脚?




正解は「顔」。

顔は脂肪と筋肉が少ないため、
毛細血管が減りやすい。

顔をマッサージするときは
可能な限り優しくやるのがよい。

まとめ

【林修の今でしょ!講座】毛細血管検定2017!運動・食事・入浴で増やす方法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ