【得する人損する人】北海道木古内町町おこしレシピ!びっくりホタテ丼

ホタテ丼

2017年5月4日放送の「あのニュースで得する人損する人」
の中の「得損ヒーローズが町おこし!
新・町おこしメニュープロジェクト~木古内町編~」。

町おこしのびっくりホタテ丼レシピの紹介!

スポンサードリンク

北海道木古内町とは

木古内町の大森伊佐緒町長が
ご当地食材を使った町おこしメニューの開発を
家事えもんに依頼しました。

北海道新幹線開業から1年、
ゴールデンウィーク人気旅行先ランキング1位、
2016年過去最高1300万人を超えた北海道。

しかし函館の手前に位置する木古内町の観光客数は
函館に比べて10分の1しかいない。

けれども天候が良ければ青森を望める絶景スポットや
5月中旬には芝桜が開花予定の薬師山、
サラキ岬ではチューリップフェアが開催中と
数々の観光スポットがあります。

家事えもんが町おこしメニューを開発

木古内町の名産品はホタテ。

「こっこ」と呼ばれるホタテの卵巣も美味で、
産卵を控えているこの時期は
栄養を蓄えており身も大きく味も濃厚。

漁師さんオススメの食べ方は
殻付きのままコンロで焼き上げ醤油を垂らす浜焼き。

ホタテをメイン食材に決定した家事えもん。
さっそくメニューの試作に取り掛かった。

家事えもんがしいたけを殻に見たてた
「殻まで食べられる!?ホタテのオーブン焼き」を作った。

そして炊き込みご飯を作り、
その上にホタテのオーブン焼きをのせて
「殻まで食べられる!?びっくりホタテ丼」を完成させたのでした。

しかしホタテのプロ達は地味だったり、
炊き込みご飯は注文の数が読めないなどで不採用に。

そこで家事えもんはワカメを使い、ご飯の試作品を作った。

ヒモを細かく切り調味料を入れワカメを和える。

チンしたタネを混ぜるだけで料理を完成させたが
ワカメが強すぎてホタテの香りが消えてしまった。

さらに最終試作品を作りました。

捨ててしまう事が多いシイタケの軸を入れる事で
うま味とヒモの相乗効果で炊き込みご飯にも
劣らない風味を出そうとしていた。

色味の課題は水田信二さんからアドバイスを受け、
ほうれん草のペーストを鍋に入れ加熱し
色をつけた。

こうして新しい「殻まで食べられる!?びっくりホタテ丼」を
完成させ、採用されたのでした。



ホタテのオーブン焼きのレシピ

ホタテ丼

名産ホタテ&巨大シイタケをつかった
インパクト大の町おこしメニュー。

【殻まで食べられる!?ホタテのオーブン焼きのレシピ】

『材料』(1人分)
殻付きホタテ(貝柱・ひも・卵) →1個
大シイタケ(8~10cm)→1個
バター→5g
パン粉→小1
にんにくチューブ→小1
塩→少々
こしょう→少々
酒→小1/2
パルメザンチーズ→小1

スポンサードリンク

『作り方』
1.ホタテの貝柱を、ひも、卵を
それぞれ1cm角程に切る。

※貝柱は繊維が入っている縦に切ると、
歯ごたえがよくなる。

2.①に塩、こしょう、にんにくチューブを
加え混ぜる。

3.大きめのシイタケの軸を深めに切り取り、
食べやすくするために1cm幅程に包丁を入れる。

4.シイタケを揃え、②をのせる。

※ホタテのうま味成分“グルタミン酸”と、
シイタケのうま味成分“グアニル酸”により
うま味の相乗効果でより美味しくなる。

※ホタテの具材を大きめなシイタケにのせ、
殻に見立てることで“殻まで食べられるホタテ”に!

【家庭でも試せる得ワザ】
通常サイズのシイタケに、
小ぶりなホタテの貝柱を使えば、サイズは丁度に。

5.④の上に臭みを取るためにお酒をかけ、
パン粉、パルメザンチーズをかける。

※お酒をかけて蒸し焼きにすることで、
ホタテの臭みを取ることができる。

6.⑤にバターを乗せ、
下にアルミホイルを敷いて軽く包み、
220度のオーブントースターで5分熱せばできあがり!



【ホタテの貝ひもとしいたけの混ぜご飯のレシピ】

『材料』(1人分)
米→300g
しいたけの軸→1本
貝ひも→(殻付きホタテ)2個分
しょうゆ→・・小2
酒→小2
しょうがチューブ→小1/3

『作り方』
1.しいたけの軸と貝ひもを細かく刻む。

※捨ててしまうこともあるシイタケの軸にも、
うま味成分は入っている。
ホタテの貝ひものうま味成分と合わさることで、
うま味が増す。

2.①を耐熱容器に入れ、しょうゆ、酒、
しょうがチューブを加えて混ぜ、
サランラップをして、600Wの電子レンジで
60秒加熱する。

3.②を白ご飯に混ぜればできあがり!



【ほうれんそうソースのレシピ】

『材料』(10人分)
ほうれん草→100g
玉ねぎ→60g
牛乳→120ml
バター→40g
小麦粉→小2
塩→少々
こしょう→少々

『作り方』
1.ほうれん草をゆで、灰汁を取り、
ほうれん草と玉ねぎを程よい大きさに切る。
ほうれん草・玉ねぎ・牛乳をミキサーにかける。

2.鍋にバター・小麦粉を入れ、
①を入れたら数分煮る。
味付けに塩・胡椒を加えたらできあがり!



【ホタテの貝柱と卵の浜焼き風のレシピ】

『材料』(1人分)
貝柱→2個
ホタテの卵→1個
塩→少々
醤油→小1/2
油→小1

『作り方』
1.油を敷いたフライパンにしょうゆを入れ、
加熱したら、ホタテの貝柱と卵に塩を振る。

2.しょうゆが焦げかけたところに、
ホタテの貝柱と卵を入れ、
両面香ばしく焼きあげればできあがり!

※フライパンにしょうゆを先に入れ、焦がしかけることで、
浜焼きの風味を出すことができる。



まとめ

【得する人損する人】ワタで絶品メロンソーダのレシピ&簡単イカの内臓のとり方!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ