【ソレダメ】お葬式マナー!正しいお焼香の仕方や香典袋や服装

お葬式、数珠、香典

2017年5月3日放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!? 」
の中の「お葬式マナーソレマル新常識 」

訃報を受けた時のマナーや、
香典についてのマナーなど、
わからないことがたくさんある「お葬式」。

そんなお葬式のマナーを紹介!

スポンサードリンク

お葬式のマナー

お葬式マナーを伝授してくれるのは
冠婚葬祭マナー研究所代表
木野島光美さんです。




電話で告げられた時

電話で訃報を告げられた時、
「えっ!?」と驚き、3秒ほど待ってから
「ご愁傷様です」を言うとよい。

すぐに答えてしまうと、決まり文句のように
事務的にきこえてしまいます。

また、電話を切る時は一言、「ご自愛ください」
「ご無理なさいません様に…」と
相手を思いやる言葉を付け加えるとよい。



香典袋のマナー

訃報を受けたら
まず用意しなくてはならないのが香典袋。

実はお葬式といっても
宗教によってさまざまな様式があります。

先方の宗教が分からない時でも使える
万能な香典袋があります。

それは「御霊前」

ただし、黒と白で生死を表すのは仏教の考え方。
なのでキリスト教式で使う場合は水引を外します。

また、中袋に蓮の花が印刷されている物も
キリスト教ではNGです。

御香典と書かれたものは
お香を焚かない神道式やキリスト教式では
使えません。

仏教式の葬式で使います。

スポンサードリンク

もちろん宗教が事前に分かっていれば
その専用の袋を使うのが一番よいでです。



服装のマナー

【アクセサリー類は全て外す】
ただ、時間が分からなくて遅刻しても困るので
腕時計はしていた方がよ良い
派手でないものにします。

【高いハイヒールはダメ】
セレモニーホールで
ヒールの音が響いてしまうと、
ご遺族がゆっくりお別れできません。
3~5センチ程度のヒールがよい。

【2連のアクセサリー】
2度重なることを避けるため、
たとえパールでも2連のネックレスは
付けてはいけません。
2連の指輪やイヤリングもつけるのは
避けましょう。

【数珠】
数珠を右手にぶら下げるのはNG
数珠は左手にかけるようにします。

かつては妊婦が葬式に参列するのは
いけないといわれていたが、
手鏡をお腹に入れていおくと良い。



香典袋を出す時のマナー

語尾を小さく言ったほうがいいと
思われがちですがそれは間違い。

語尾を小さくいうのはマナー違反。

故人にきちんと気持ちが伝わるように
受付では香典袋を出し
「こちらをお供えください」と
はっきり言うのが正しい。


お焼香のマナー

①神妙に祭壇へ向かう

②まず、故人に対して一礼します

※先に遺族席へ一礼するのはソレダメ。

(主役は故人
そのあと遺族席へ一礼する)

③お焼香は3本指(親指・人差し指・中指)で
3回行います

※お香を焚いて自らのみを清めるのが目的
そもそもその汚れを落としきるには
2本指では足りません。
3本指でつまむくらいが適量なんです。

④4本指を揃えて合掌します
合唱する4本指は感覚を開けずそろえる

⑤遺族席に一礼して退出します

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ